苦手なこと

棚だったり、
ロフトだったり、
家の中に木材が多く
使われているからかな、

緑を置くと映えるので、
あちこちに飾ってます。

がしかし、
育てることは全然上手ではないので、
いつの間にか元気を失っていく
我が家の植物たち。

ちょっと可哀そう。。。

IMG_1231_convert_20170629150525.jpg


こうやってお日様に当てながら
頑張ってと声をかける。笑


そしてもうどうにもならなくなったら
雨風の当たるベランダへ。。。


IMG_1234_convert_20170629150627.jpg


この植物も1週間前は、
葉っぱが1枚もなかったのに、
ベランダに置いておいたら、
復活してきました。

良かった。








スポンサーサイト
2017-06-29(Thu)
 

アメリカからの便り

ねぎ坊主みたい。。。
可愛い花。


IMG_1228_convert_20170628135331.jpg



10年以上前に受け入れたエリンから
嬉しい便りが届きました。



IMG_1230_convert_20170628135230.jpg


赤ちゃんが生まれました
という誕生カード。


可愛すぎて驚きました。


英語しか話せなかった彼女が、
娘たちと過ごし、
私と話してるうちに、
どんどん日本語が話せるように。

日本語だけの世界の中で、
どんなふうに目の前の人に
心を開き、向き合うか。

日本人のような日本語を
話せるようになるかは、
そのスタンスがあるかないかだけ。

私は我が子の成長と
彼女のことばが話せるようになる
プロセスを重ねながら、
毎日を楽しんでました。

娘たちが、
1歳、5歳、8歳という時に
家族のように過ごした時間は、
私にとっても子どもにとっても、
宝物のような思い出であり、

忘れられない体験。

きっと素敵なママになるだろうな。。。










2017-06-28(Wed)
 

東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリーで開催された
アドルフ・ヴェルフリを見に行きました。

と言ってももう先週の出来事ですが。。。

IMG_1161_convert_20170628130431.jpg


ちょっと感動しました。


何に感動したって、
まず東京駅は何度も行っていても、
ステーションギャラリーまでは
行ったことがなく

これは入り口に立って、
天井を見上げた写真ですが、

IMG_1162_convert_20170628130048.jpg


建物が本当~に素敵。

そしてこの芸術家は、
海外では有名なようですが、
日本では見たことも聞いたことも
なかった人です。

その作風にも驚きました。
たまたまもらったチケットでしたが、
こんな出会いもあるんだな・・・

いいを刺激もらいました。








2017-06-27(Tue)
 

娘が作るお弁当

これは娘が作ったお弁当。

IMG_1177_convert_20170624232820.jpg



高校3年生の次女が
毎朝お弁当作りしている様子は
以前も書きましたが、

こんなふうに私の分や
姉の分までちゃちゃっと
作ってくれたりもします。

自分のことだけ考えて、
自分のことだけやる。
そんな年齢でもおかしくないのに
こんなことも楽しんでる。

いや、
高校生活で一番頑張ったことは?
そう聞かれたら、お弁当作り!
と答えたほうがいいんじゃない。

最近はそんな話も。笑

1年間の高校留学も頑張った。
部活だって頑張った。

なんか頑張ったと
思えることがあれば、
それだけでもう十分じゃない。

。。。

と言っても進路に悩む
18歳なのでした。









2017-06-24(Sat)
 

模様替え

IMG_1178_convert_20170623122442.jpg


やっぱりソファの向きを変えよう。


IMG_1193_convert_20170623122530.jpg


IMG_1191_convert_20170623122513.jpg


IMG_1189_convert_20170623122458.jpg







2017-06-23(Fri)
 

注文にお応えします。

IMG_1046_convert_20170530123117.jpg


ここ、もっとこうならない?

そんな声に忠実に
応えてくれるのが夫です。

こんな人いるかしらね・・・笑


今日は、
机の下に足が収まり切れない
と言っていた末っ子に応えて、
机の幅を広げる作業を
朝っぱらからしています。



IMG_1172_convert_20170618104759.jpg



リビングに出現した小部屋も、
ここにこれを取り付けて欲しいと
注文した通りに。

これは以前拾ってきた、
古い食器棚の小さな引き戸です。

付いていた細かい網を外し、
障子のように。

本当は天井まで
何も無かったのに、
ちょっと雰囲気が出ました。

さすがです。



IMG_1173_convert_20170618104736.jpg













2017-06-18(Sun)
 

ある日突然・・・

ちょっと留守にしていたら、
リビングに部屋が出来てました。


IMG_1143_convert_20170614001951.jpg


これはちょっと驚きましたね。。。


IMG_1131_convert_20170614001500.jpg


こんなふうに壁をなくすことも。


そして私はまた壁をぬりぬり。


IMG_1133_convert_20170614001724.jpg


今度は赤。


IMG_1142_convert_20170614001911.jpg


あっという間に模様替え。笑






2017-06-14(Wed)
 

追伸 ~ 先生と生徒 

いろんな方から
コメントやメールをいただきました。

ありがとうございます。

どこにも答えも正解もないけれど、
それぞれの心に触れる何かがあれば、
それだけで大きな意味があるのかな。

創造のふるさとは未来にある

このことばは、
明治書院から出版されている

『ことばはボクらの音楽だ!』
著者 榊原陽

11章に載っている一説です。

同じものを読んでも(聞いても)
10人いたら10人とも、
思い描いていることは違っているはず。

なぜならば自分に引き寄せながら、
みんな違うことを創造(想像)しているから。

娘が書いた先生と生徒も
みんなが読みながら違うことを
考えているだろうな。

そう思うんです。

娘が書いた文字の中に
意味があるのではなく、
受け手にとって意味を持ったことばになる。

ん~うまく言えてないな。

でも『ことば』とはそういうもの。

みんなとのやり取りで
教えてもらっている気がしてます。



コメントに文章を送って下さいと
リクエスト下さった方。

コメントするだけでは
相手のアドレスは出ません。

管理者のみ閲覧
という項目をクリックして
再度アドレスを教えて下さい。

お手間をかけますが
よろしくお願いします。










2017-06-09(Fri)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR