模様替え

次女と入れ替わるように
我が家にやって来たゲスト。

部屋をひとつ空けるのは
なかなか大変なこと。

2LDKに家族5人が暮らすには
知恵と工夫が必要です。

我が家は風が通るように
部屋と部屋が壁で
仕切られていません。

これはマンションを買った時に
設計を変更してもらいました。

2つの部屋はこんなふうに
つながっています。

image1_convert_20150828073711.jpg


今回は雨戸で仕切りました。
小窓のついた雨戸です。
閉じることもできます。

image1_convert_20150828073556.jpg


ゲストが使う
タンス、小引き出し、
本棚、ベッド。

image1_convert_20150828074225.jpg


image2_convert_20150828074309.jpg


image1_convert_20150828074618.jpg


もう我が家には
次女の物が跡形もありません。

出発前に、
全て整理させたから。

あるのは、
制服とカバンくらいかな。

いくらスペースが無いとはいえ、
自分でも信じられないわ。。。




スポンサーサイト
2015-08-28(Fri)
 

スウェーデンからのお土産

素敵なお土産を
いただきました。

木製の鍋敷き。

image1_convert_20150825082226.jpg


木製のローソク立て。
この馬はスウェーデンの
トレードマーク。

image2_convert_20150825082313.jpg


バターナイフと
チーズカッター。

image3_convert_20150825082337.jpg


鍋つかみ。
ミトンの裏はブルー。
大好きな色。

image4_convert_20150825082359.jpg


可愛いトレー。

image5_convert_20150825082418.jpg


スウェーデンのお菓子。

image6_convert_20150825082444.jpg


お土産からも
その国が見えてくる。



2015-08-25(Tue)
 

出迎え

娘の電話に感傷に
浸ってる間もなく成田に出迎え。

この夏成田に行くのは
もう何度目だろう…
6回目くらいかな。

見送り出迎え、
なるべく子どもたちと一緒に行く。
そこでしか感じられない
人と人の出会いと別れがあるから。

思ったこと感じたこと、
道のりでシェアできることも、
この夏の宝物。

この日はヒッポの家庭に
世界中からやって来る日。

ドイツ、イタリア、タイ、メキシコ、
アメリカ、スウェーデン。

もちろん出発する国が違うから、
やって来る時間はみんなばらばら。

本部スタッフは、
ずっと成田でお出迎え。
緊張してやって来るであろう
高校生たちを温かく、
ホスト家族と待っていてくれる。

私たちは本日最後の到着。

時間通りに到着した便を
確認しながら出国ゲートで、
今か今かと待っていました。

image1_convert_20150819100859.jpg


写真通りかな?
わかるかな?

それは相手にとっても同じこと。

出迎えの時の
プラカードは大事な手掛かり。

待ち遠しかったです。
会ったこともない子を待つのは。

やって来ました。

image3_convert_20150819100931.jpg


これから彼の
イヤロンがスタートです。





2015-08-19(Wed)
 

無事到着

メキシコから電話がありました。
娘からの電話です。

無事にホストファミリー宅に着いた
という報告の電話です。

きっと疲れもあるだろうけど、
いつもの声でした。

忘れ物をした。
家族に書いた手紙を渡し忘れた。
いろいろ忘れたことはあったようです。

声が止まったので
『大丈夫?』って聞いたら、
『大丈夫じゃない』と返事。

その後は声が出ないようでした。

『メキシコの家族はあなたが来ることを
楽しみに待っていてくれたんだよ。
だから大丈夫。頑張るんだよ。』

そう伝えて電話を切りました。

電話の向こうで
泣いていたかもしれない。

私も泣きそうでした。

青少年の交流も、
イヤロン(留学)も、
行ってる間は
日本と連絡を取らない。

ヒッポが大切にしている
訳がわかりました。

日本語で話したら
頭の中が日本語になる。
家族の声を聞いたら
涙が出てくる。

今目の前の人と
生きていこうって時に、
それはどうしても邪魔になる。

精一杯生きて来たよ。

そう胸を張って言えるように、
私たちができることは、
私たちも今を精一杯生きること。






2015-08-19(Wed)
 

日本のいちばん長い日

家族みんなで映画を観ました。

『日本のいちばん長い日』
70年前の今日の話です。

小さな映画館でしたが、
末っ子は館内最年少?
私たちでさえ若い?
それくらい観ている方の
年齢層が高かったです。

小学生にはちょっと
難しかったかもしれませんが、
大事なことだから
一緒に観ました。

そのせいかな、
帰宅すると戦争に関する番組を
真剣に見ていました。





2015-08-15(Sat)
 

出発 ~つづき~

夫のカウントダウンは、
10日前からでした。

出発の朝。

image1_convert_20150815072953.jpg


早起きして夫が作った
送り出しプラカード。

image1_convert_20150815073034.jpg


我が家で2人目のYL(留学)
今日までの道のりは、
振り返ればあっという間でした。

先ゆく姉の姿があったから、
私の中でどうしても
比べてしまうことはあったけど、
彼女は誰かと比べることより、
自分の意志で自分なりの道を
歩んでいました。

比べることに意味はない。

子どもたちが大人の私たちに
いつも教えてくれる。

あるのは自分の成長だけ。

YLを決めてから
娘は変わりました。

自分をさらけ出さない
素直にならない。

10代前半の当たり前な
成長をしていた娘が、
優しく、やわらかく、素直に、
自分に対しても、
家族に対しても、
誰に対しても、
心を開いていきました。

心を開いていれば、
ことばが入ってくる。
思いを受け止めることができる。

それは自分の世界を広げる
土台があるってこと。

なんの心配も
なんの不安もない。

16歳になった娘が
私たちの手を離れ、

自分の決めた道を
歩みだしていきました。


最後のハグ。

image1_convert_20150815072721.jpg


父、母の手を離れて。

image2_convert_20150815072748.jpg


見送りに来ている人は
100人を越えているだろうな…

image3_convert_20150815072807.jpg


見送りに来てくれた人たちに
最後の感謝。

image4_convert_20150815072830.jpg


最後まで笑顔でした。

image5_convert_20150815072848.jpg



メッセージを寄せてくれた方、
このブログを見て会いに来てくれた方、
地元の駅、乗り換えの駅、成田空港、
様々な場で見送ってくれた方、
本当にありがとうございました。
感謝しかありません。

ヒッポファミリークラブの
プログラムで行くということは、
こんなにも人間を成長させ、
こんなにも多くの人に影響を
与えるんだってことに、
改めて気づかされました。

この環境に出会えたことは
偶然であり、
娘たちに何を望んだわけでも、
何を与えようと思ったわけでも
ありません。

でも彼女たちは
この環境の中で、
ことばも新しい世界も、
自分で見つけ、
自分で掴んでいきました。

まだ16年しか生きていないのに、
その姿は大きくて眩しい。。。

寂しいけれど、
1年後の再会まで、
私も成長していきたい。





2015-08-15(Sat)
 

出発

まだ実感はありませんが、
いよいよ出発です。

16歳の娘がメキシコで
どんな1年間を送ってくるのかな。

もう声を聞くことも、
助けてあげることもできないけど、
明日からはホストファミリーが娘の家族。

メキシコでどんな産声をあげ、
どんなふうにことばの成長を遂げてくるかな。

そこで生まれた赤ちゃんのように、
みんなに愛されますように。

願うのはそれだけ。






2015-08-14(Fri)
 

模様替えのつづき

image1_convert_20150809014649.jpg


image3_convert_20150809014626.jpg


image2_convert_20150809014707.jpg


image6_convert_20150809014728.jpg


image4_convert_20150809014749.jpg


image5_convert_20150809014807.jpg





2015-08-09(Sun)
 

模様替えしました。

リアルなサイ。

image1_convert_20150808072253.jpg


次女がメキシコに出発するまで後7日。
毎日部活にヒッポに忙しく、
身の回りの準備がまったく進まない。

まあそれはなんとかなりそうだけど、
狭い我が家なので、
メキシコに持って行く物以外は、
思い切って整理して!
これが私のお願いです。

と同時に私も、
押し入れやクローゼット、
あらゆる引き出しから、
全ての物を出して、

出して
出して
出して

今月に入って何度となく
小手先の模様替えをしていましたが、
ブログにアップするまでもなく、
しっくりこなくて悩む日々。

これは本当に思い切ってやらないと、
根本的な片づけにならないので
今回ばかりはや・り・ま・し・た。

果てしなかったです。

ごみ袋10袋以上は出しました。
そのうち8袋くらいは衣類。
何をこんなにしまっておく必要があるのか?
着ている物なんか、
ほんのわずかな物なのに。

とにかく今回は受け入れのために、
部屋を丸ごと1つ空けなければ
ならないので、ピンチがチャンス!
とばかりに思い切りました。


image1_convert_20150808072816.jpg


あまり変わっていないようですが、
テーブルもソファも
右にいったり左にいったり、
散々動かしたあげくやっぱりここに。


末っ子と私の机が
部屋の角へ。


image4_convert_20150808072900.jpg


ちょっと暗すぎますね。。。

image3_convert_20150808072446.jpg


高床を壊してしまおうかと思ったけど、
思いとどまり、今しばらく日本にいる
長女の寝床に。

この裏に末っ子のベッド。


image2_convert_20150808072552.jpg



image1_convert_20150808072529.jpg


次回は昼間に撮影します。






2015-08-08(Sat)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR