刺激されて模様替え

昨夜、私が主催するヒッポに、
北海道に住んでいる
お父さんメンバーがやって来ました。

初対面でしたが、
あまりの無邪気さというか、
おやじ力というか、
完全アウェイな場なはずなのに、
人を引き付け楽しんでる様は、
“赤ちゃん”だな~って思いました。

昨夜は笑いすぎて、
こんな毎日を送ったら
顔がしわくちゃになっちゃうと、
かなり心配になりました。

疲れるほど笑うって
なかなかないです。

そのお父さん、
奥さんが私のブログを
見てくれているようで、

『そうそううちの奥さん、
 じんこのブログを見た後に、
 このベッド動かしといて。
 とか、時々云うんだよね~。
 自分は出かけちゃうのに』

『そうなんだ~。
 模様替えするとどう?』

『うん。ホコリが出てきて、
 疲れるよね』



『ええ~世界が変わるでしょ!?』

みたいなやり取りをしましたが、
ちょっとでも刺激になって、
家の中を変えようって思ってくれたら、
それだけで何かが起きてるのだから、
嬉しいです。


4月は北海道の講演会に呼ばれているので、
12日~15日まで札幌に滞在予定です。

再会できるかしら?
楽しみが増えました。






スポンサーサイト
2015-02-27(Fri)
 

親子参加型の講座を終えて

先日、南柏で開催された、
親子向け講座には、
新しい方、ヒッポメンバー、
赤ちゃん連れから、シニアまで
たくさんの方が参加されました。

『親子で参加できるワークショップ』
というタイトルで3日間開かれた講座でしたが、

日曜日開催だったこの会は、
じっくりお話しを聞いていただくという設定でした。

講演を頼まれる時は1時間で
お願されることが多いのですが、
この日は40分という設定。

なるべく急ぎ足にならないように。
小学生でもわかることばで。
そして参加した人が、
わくわくした気持ちになって帰れるように。

心がけたことはそんなことです。

主催をする人や、
そこに集うメンバーたちは、
この話を誰かとシェアしたいと思って、
家族だったり、
同じファミリーの人だったり、
身近な友達だったり。

以前の私もそうでした。

ことばって面白い。
でも自分ではその面白さを伝える
ことばも体験も少ないないから、
講演会みたいな場がある時に、
声を掛けたくなる。

一緒に聞いて、
見つけたこと、感じたことをシェアすると、
いつの間にか自分のことばになって、
体の中に落ちていく。
新しい自分にも出会っていく。

この日も、
そんな場面がいっぱいありました。

妻や子どもはヒッポを楽しんでいるけど、
その中でお父さんだけが、
自分はいいよ。関係ない世界。
と自分を守っていたけど、
今日の話を聞いたら、
こんなことをやっている所だったんだ。
自分もやってみようかな。
と素直な思いが湧いたり。

自分に鎧をまとうように、
人とに距離を図っていたけど、
いいんだこのままの気持ちで
気負わずに参加したらいいんだね。
笑顔になっていくお母さんメンバー。

誰かとことばを交わし、
誰かと思いを分けあい、
笑顔になっていく。

人間てすばらしいな。
そんなことを思う講座でした。






2015-02-26(Thu)
 

僕の好きな男のタイプ

これは松浦弥太郎さんの本。

KIMG0776_convert_20150224095132.jpg


珍しく手にした本がこれでした。

私はホント~に本を読まないので、
本屋で手にしてみることも珍しい。

でも松浦弥太郎さんの文章は
優しさがあり読みやすいです。

だから手にしたのかもしれませんが、
この帯を読んだ時に浮かんできた人が、
夫でした。


KIMG0777_convert_20150224095159.jpg


こんな所があるんだよな。。。


松浦さんはこの本の最後に、

僕が何を言いたいのかと言うと、
人が人を愛するということは、
とても難しいことなんだということです。

なぜならば人はまず自分を
愛することで精一杯だからです。

それなら、人を愛することは、
どういうことなのでしょうか?

人を愛するとは、
その人を生かすことです。

決して自分の人生の
犠牲にするのではなく、
その人が持って生まれた、
人生という大空を、
その人らしく自由に
のびのびと羽ばたくために、
助け、はげまし、いたわり、守り、
尽くすことです。

すてきな男は、
女性を愛するということが
何かを知っています。

決してよしよしと可愛がることを
愛することなのだと
勘違いをしていません。


もし、あなたがパートナーとの
関係に迷っているなら、
勇気を振り絞って、
こう聞いてみたらいかがでしょうか?


『人を愛するって、どうゆうことだと思う?』と。



パートナーとの悩みはないけど、
こんな本を読んだよってことも云わずに、
聞いてみたんです。
最後の文章にあったままに。


彼の答えは、
『全てを捧げることだと思うよ』

『ふ~ん。そうかぁ』と私。


こんな質問にも
真面目に答えてくれる人です。
いい人だわ。。。







2015-02-24(Tue)
 

多言語

昨日の夕刊にあった記事です。

KIMG0772_convert_20150218160532.jpg

親子で“多言語”に反応。

『ええ~そんなの募集してたんだ
 やりたかった~』と娘。

ホントだね。
アンテナが足りなかった。

でも絶対これからは多言語だと思う。

相手のことばに耳を傾け、
相手のことばを理解していく。

何語だってわかるよ。
何語だって仲良くなれるよ。

そう思っている。

ボランティアになって5回目の人が、
『翻訳アプリを使う予定。
 アプリがあれば自信を持って対応できそう』

にビックリしたけど、
多言語で挨拶できたら
きっと目の前の人は笑顔になると思う。

10歳で海外にホームステイに行く子どもたちは
ホストがアプリの翻訳機を使うのが嫌で、
『やめて』って云ったらそれから使わなくなって、
すっごく仲良くなれた。

そんな話しをしてくれます。

そうそう昨年夏にロシアに行った我が子も、
ホストがPCの翻訳機を使うから、
泣きながら『PCニエット!』(パソコンやめて)
と云ったらすぐやめてくれたって話してたな。

ことばを話すことに大切なことは、
スタンスかな。

間違えずにきちんと話せても、
その人の気持ち(心)に
触れてる気がしない時もあれば、
お互い全然話せてないのに、
楽しくって仕方がない、
この人のことは全部わかる。
そんな時もある。

このスタンスさえあれば、
どこで誰とでも生きていける。
だって、人と生きるからことばが育つのだから。

娘たちを海外に送り出すけど、
私たち夫婦はまったく心配をしていない。

娘たちはそのスタンスを
手に入れてるから。。。






2015-02-18(Wed)
 

頑張らなくてもいいのに…

末娘が学校から帰ると、
『明日は学校に行きたくない』
こぼれそうになる涙をこらえながら
そう云いました。

私の答えは簡単です。
『いいよ~学校行かなくて』

真面目に学校に行きすぎてるから、
こんな時もあっていいんじゃない。
これは本音です。笑

そのひと言に安心したのか、
学校であった出来事を
ドバ~っと話しだしました。

あまりに娘が一生懸命で、
誰がどうだとか、何だとか、
授業中に繰り広げられた
出来事そのものより、

そんなに頑張らなくてもいいのに
頑張っちゃう娘がいじらしい…

『もう嫌だ。もう嫌だ。
 明日は絶対学校に行きたくない』

泣きながら云ってるんだから、
相当深刻そうだけど、

『今夜はヒッポもあるし、
 明日は学校休むし、楽しいね~』
と噛み合ってるような、
噛み合ってないような、
会話を繰り広げる私と娘。

ヒッポに行くと、
学校で起きたことなんて
どうでもいいんじゃない。
そう思えるくらいの楽しさがある。

人間はそのことだけを考えると
苦しくって出口も見つけられなくなるけど、
こうやって自分に起きたことなんて、
な~んにも関係ない人たちの中で、
自然と気持ちを切り替えていける。

誰に愚痴をこぼすでもなく、
誰に暗い顔を見せるでもなく、
いつの間にか笑顔になってる。

ああ、我が子たちは
こうやって大きくなってきたんだな。


絶対明日の朝は起きない。
そう決めていたのに、
娘はいつも通り起きて、
ご飯作って食べて、
学校へ行ってしまいました。

なんだ~残念。

いつまでも布団から出ないのは
私だけ?


学校から帰って来た娘に
どうだった?と聞くと、
『凄かったの!』

一人の子がやってきてくれたことを褒める。
え?そんなに褒めるのってくらい褒める。

『ね、すごいでしょ』って。

自分がどれだけ
頑張ったかということより、
誰かを褒めてあげられる。

それは素敵なことだね。

母も見習うよ。。。





2015-02-16(Mon)
 

お父さん

娘たちが面白い会話をしていました。

『ねえ、お父さんて欠点ある?』
『え?ないんじゃない』
『そんな訳ないよ』
『そうだよね~ちょっと探してみよう』
『やっぱりないよ~』
『そんな訳ない。落ち着いて考えて…』
『・・・』
『・・・』
『・・・』
『やっぱないよ』
『ないよね~』
『だよね~』
『お父さんスゴイわ~』


みたいな会話です。


私も25年くらい一緒にいるけど、
まだ見つからないわ。。。







2015-02-15(Sun)
 

模様替え~つづき~

こうゆう本を見てると、
急に模様替えがやりたくなるんです。

IMGP6190_convert_20150213210407.jpg


今回の部屋はこんな感じ。

IMGP6193_convert_20150213210541.jpg


我が家の収納スペースは
ブルーっぽく塗られてる所だけ。

赤は娘たちの机とベッド。
このスペースだけが自分の場所。


本棚で仕切られたスペース。

IMGP6175_convert_20150213210739.jpg


娘たちのタンスは2つづつ。
でもこれ本当はタンスではありません。

IMGP6176_convert_20150213210716.jpg



次女の机が小さいので、
私の机に長い板を渡して、
スペースを広くしました。

IMGP6177_convert_20150213210617.jpg


カウンター下に引き出し。
行き場のない雑誌や、
捨ててもいいような書類の山。

IMGP6187_convert_20150213210515.jpg


リビングの真ん中にソファ。
食器棚とタンスの裏に
次女のベッドがあります。

IMGP6179_convert_20150213210650.jpg


今回の模様替え、
実はベランダに出られません。

これは失敗。笑


KIMG0756_convert_20150213210811.jpg






2015-02-13(Fri)
 

模様替え

自分のぐっちゃぐちゃな机を棚に上げ、
娘たちの机はできれば見えないように
隠しておきたい。

それをリビングに出してみました。

KIMG0763_convert_20150213095427.jpg


奥らか長女、次女、私と並んでます。

KIMG0767_convert_20150213095503.jpg


KIMG0764_convert_20150213095539.jpg


丸見えってのもどうかと思って、
部屋の真ん中に本棚。

KIMG0762_convert_20150213095633.jpg


そして娘たちの机があった部屋に
ダイニングテーブル。

左に次女のベッドです。
ありえない。笑

KIMG0757_convert_20150213095607.jpg











2015-02-13(Fri)
 

名古屋へ

全国のフェロウが集まってくる
ワークショップが名古屋でありました。

北海道から九州、沖縄まで、
本当に遠くからよく来たなって感じ。
それに比べたら、
東京~名古屋は近いじゃん。

我が家は私も夫も前日からは
行けない状況だったので、
たった1日の名古屋を満喫してこようと
欲張り旅。いや弾丸ツアーみたいでした。

まず前夜PM10:30出発準備。
我が家は車を持ってないので
もちろんレンタカーです。

仕事帰りにもかかわらず
夫は名古屋まで寝ずに運転。

AM3:30名古屋着
24h営業のスーパー銭湯で仮眠。
朝風呂を満喫。

AM8:00会場に向けて出発。
その前に名古屋城を見て、
名古屋名物モーニング。

スーパーを見つけて、
お昼のお弁当と赤みそを買い込む。

AM10:30~PM4:00
全国フェロウワークショップ。
名古屋国際会議場は
とっても大きくって
素晴らしい会場でした。

会場に入ったら、
子どもも夫もバラバラです。

以前夫が云ってました。

ヒッポをはじめる以前は、
家庭サービスって
週末は家族と過ごすこと。
そう思っていたけど、
家族でどこかに行っても、
遊んでいても、
家族以外はあまり関係ない。

それって“家族”という
内側を向いてる感じ。

でもヒッポの場に行くと、
家族は同じ空間にいるのに、
みんなそれぞれ外側に向かっている。

誰と出会った?何を見た?何を感じた?
みんなの体験を共有するって、
実はとっても豊かなことなんだ。

そんなことに気づいたら、
夫も気負うことなく、
仕事、家族、ヒッポ、自分の趣味、
全部を楽しめるようになりました。

PM4:30会場を後にし、
味噌カツを食べずに
帰る訳にもいかないと、

みんなが薦めてくれた
矢場とんへ。

KIMG0753_convert_20150211103708.jpg

美味しかったです。

味噌煮込みうどんも食べたかったけど、
さすがにもう一件は行けなかった。

PM10:30我が家着。

さぞ疲れただろうと夫に聞くと、
そんな様子はまったく見せず、

『24時間て結構遊べるね!』

疲れを知らない夫に感謝です。








2015-02-11(Wed)
 

本棚

トイレにある本棚。

KIMG0739_convert_20150210232344.jpg


タイトルがいいね。
その通りって感じ。

KIMG0741_convert_20150210232733.jpg


写真がいいね。
ことばとは無関係で。

KIMG0742_convert_20150210232034.jpg


KIMG0743_convert_20150210232104.jpg



トイレに入る度に、
パッと開いてます。




2015-02-10(Tue)
 

講座のお知らせ

先日講演会の打ち合わせに
南柏まで行って来ました。

2月22日(日)AM10:00~11:30
会場は光ヶ丘近隣センター
親子で聞けるお話しです。
講師は私。

お近くの方是非申し込みを。

すでにお申し込みの方もいて、
幼児連れの親子もいれば、
祖母と中学生なんて組合せも。

私の話しはどんな年齢の方でも
聞きやすくわかりやすいので、
いろんな年齢の方がいるのは、
嬉しいです。

だって誰にでも可能性はあるし、
人とかかわることも、子育ても、
ちょっと視点が変るだけで、
本当に面白く楽しいことですから。

来ていただいた方にゆっくり話を
聞いていただくために、
託児室の準備をする予定が、
お部屋の準備ができず、
同室でお話しを聞くことになりました。

これも私にとっては嬉しいこと。

子どもたちの自然な振る舞いの中で、
みんなにとっての、

“ことばって何?”
“なぜ多言語なの?”

を見つけていきたいと思います。
お楽しみに。





2015-02-06(Fri)
 

新しいことば

私が主催するヒッポは木曜日。
木曜日は天気が悪くなることが多いような…

お母さんて雨女じゃないの?
と娘に言われたけど…

そんなのやだぁ~。

大雪予報の夜でしたが、
東京出張で浜松からやって来た
お父さんメンバーが遊びに来ました。

いつでもどこでも誰とでも楽しめる。
それがヒッポなので嬉しかったです。

このお父さん、
自分は単身赴任で浜松に住み、
家族は福岡に住んでいます。

離れていてもお互いヒッポを楽しんでる。
そんな様子がまた嬉しかったです。

そしてこんな日もにこにこやって来る
一番新しいメンバー、アミラ。

アミラはスリランカ人。
スリランカはシンハラ語です。

スリランカの挨拶は『アイボワン』

日本の生活が長いせいか、
私たちよりシンハラ語が出てこない。笑

でも私たちはシンハラ語も
いっぱい話したい。

ヒッポをやっていると、
新しいことばへの好奇心が、
スゴイんです。

まったく壁がない。

いつも歌っている
ヒッポ海を渡るシリーズのタイトルを、
(この中にいろんなことばが詰まってます)
シンハラ語で歌っちゃお~となり、

みんなでアミラのマネをして大合唱。
あっという間に歌えていく姿に、
アミラもビックリ!

新しいことばに
みんな笑顔で向かって行く。
しかも無邪気に。
こんな瞬間が本当に楽しい。

以前もこんなことがありました。

韓国語を歌ってる時、
口は動いてるけど体は余ってるから、
ことばに手話をつけよう!と。

手話をやっているメンバーがいたので、
さっそくみんなが集まって初めての手話。

ヒッポの人たちの凄いところは、
1から教えてなんて云う人は誰もいない。
全部教えてって感じ。

時々その国のことばを
ゆっくり話して教えてくれる人がいるけど、
普通の速度で話してくれないとわからない。

これも面白い現象。

ことばは音やリズム全体で
とらえるものだから、
バラバラにするとわからなくなるのかな…

もちろんきちんと勉強したい人は
こんなことじゃいけないのかもしれないけど、
そのメンバーが云ったことは、

やっぱりヒッポの人は凄いです。
普通これくらいの手話を覚えるだけで
1カ月はかかります。

マネするだけにとどまらず、
これも手話で云えるね。これも出来るね。
なんてどんどん自分のことばになっていくから

本当に驚いていました。

一晩で覚えてしまう
恐るべしヒッポメンバー。
そう云われても実感も無い私たち。笑

気がつけばいつもそこには
誰かと笑った時間がある。

一人で頑張らなくても
一緒に笑った時間が
ことばと共に体に刻まれるのかな…


そんなことも思い出しながら、
心が温まった夜でした。。。






2015-02-06(Fri)
 

子どもの絵

近隣の小学校から作品展覧会の
招待状が届いていたので行って来ました。

子どもたちの絵にやられましたぁ。


これは1年生が自分を描いた作品。

KIMG0722_convert_20150201235736.jpg

顔がはみ出しそうな子もいれば、
歯がむき出しでスゴイことになってる子も。



これは2年生。

KIMG0725_convert_20150201235820.jpg

お家に飾りたい。


枠はあるのかもしれませんが、
枠にとらわれず表現できるってこと。

それが素敵。

子どもたちはみんな芸術家だね。
いっぱい感動したので、
図工の先生を見つけてお礼をいいました。

きっと子どもたちの世界を大切にし、
子どもたちの表現力を信じて下さっている。

その姿勢に感謝です。

先生たちだってかなり過酷な
環境の中で指導をしているんだろうから、
がんばっている先生には
必ず感想や感じたことを伝えています。

がんばって欲しいから。。。






2015-02-02(Mon)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR