ロハスフェスタ

友人に教えてもらって、
ロハスフェスタに行って来ました。

嬉しい情報をありがと~。

会場は光が丘公園。

CIMG5354_convert_20130930211204.jpg


公園内の入場ゲートに入る手前に、
プレーパークがありました。

CIMG5342_convert_20130930211341.jpg


子どもたちが小さい頃は、
世田谷公園のプレーパークに
遊びに行ったりしたので、

あ~懐かしい。

子どもたちが、
泥んこになったり、
火を囲んでいたり、
木に登っていたり、

夢中で遊んでる~。


最近の公園はやってはいけないだらけ。
子どもはもっともっと遊ぶべき存在だから、
こんな場が存在することが嬉しい。。。


ロハスフェスタの入場ゲートと切り株のチケット。
なんだかわくわくする入口でした。


CIMG5347_convert_20130930211310.jpg


私が想像したより、
お店がいっぱい。
食べ物がいっぱい。
人がいっぱ。

すご~く賑わっていました。

CIMG5350_convert_20130930211239.jpg


マイ皿、マイコップ持参で、
ロハスフェスタ開催の趣旨を、
みんなが理解して集ってるところが、
ステキだな~と思いました。


秋のまだ暖かい日差しを浴びながら、
五感が刺激される一日でした。






スポンサーサイト
2013-09-30(Mon)
 

国際理解授業

10月は中野区と豊島区の小学校で、
ボランティア協力します。

中野区は初めて依頼された学校。
しかも全校生徒対象です。

中野区も近隣エリアなので、
私にも声がかかりました。

全校生徒なんてすごい人数です。
これはこれは大変、協力しなくては…と、
引き受けたら、メインスピーカーに。笑

『まねからはじまるコミュニケーション
 ~聞く力と話す力~』

素敵なタイトルです。

子どもたち、先生、保護者。
みんなに届くことばで話せるといいな。


楽しみです。


豊島区で依頼があったのは、
近隣校の小学2年生。

クラスにヒッポの子どもがいたことがきっかけで、
担任の先生から、是非授業で!となり、
もう数年続いているプログラムです。

学校によっては様々な国籍を持った
子どもたちがたくさんいます。
日本で育ち、日本語が不自由なく話せる子も。

お母さん、お父さんは、
自分の国のことばを残したいと、
強く願っているものです。

でも日本の中では、
日本語を話すことがあたり前なので、
子どもたちはそのことばに、
悲しいかな耳を閉じてしまいます。

ヒッポの授業を通して、
笑顔になっていく子どもたち。
ことばの壁をなくしていく子どもたち。
いろんな国のことばを話すことが、
楽しい!となっていく子どもたち。

その瞬間が何より嬉しくって、
国際理解授業の依頼こないかな~と思ってしまう私。

忙しくても断らない訳は、
出会う子どもたちを通して、

ことばってなんだろう。
人間てなんだろう。

そんな原点を見つけさせてくれるから。。。





2013-09-27(Fri)
 

秋分の日

連休といえども夫は仕事。
みんなが揃う時間はありませんでした。

みんなへのメッセージ。

CIMG5270_convert_20130924090906.jpg


朝起きてきた子どもたちの
コメントを聞き逃さなかった私。

『おお~』と云った小学生。
『意味がわからない』と云った中学生

おいっ大丈夫か!?





2013-09-24(Tue)
 

英語スピーチコンテスト

1日しかない…こんな限られた時間の中で、
スピーチコンテストの原稿を書き上げました。

スピーチコンテストで大事なことは、
“何を主張するか”

留学経験だけではなく、
10カ国を越える様々な国の人たちの受け入れ、
多世代との交流やコミュニケーション力、
小学生で経験したホームステイ、
たくさんの切り口を持った娘が、

一番云いたいことってなんだろう…

先生には、時間がないからとにかく書きなさい。
そんなアドバイスをもらって帰宅しましたが、

とにかく一緒に話しました。

ことば(音)にしていると、
だんだん自分の体験から、
何が伝えられるのかがくっきりしてきます。

私は日本語でメモをとるかな?と思ったら、
ストレートに英語で書き始めました。

なぜなら、
日本語から英語に訳すことは、
とても不自然なことの様です。

日本語で伝えたいことは、
もちろん日本語で話しますが、

英語で伝えるときは、
頭で日本語に置き換えたりしないで、
英語で話す、または書くのです。

本人いわく、勉強でやるような、
文法的なことはまったくわかっていないかも…

ただ間違っていないということだけがわかってる。

日本人が日本語を話す時と一緒。
アメリカ人が英語を話す時と一緒。

勉強ではなく、
自分の体を通して、
わかっていくことば。。。

がしかし、

まずは書類審査が通らないと、
スピーチコンテストにも出られないそうです。

さてどうなるか?
結果が楽しみ。

本人は結果より、
この時間が得られたこと、
チャレンジできたことに大満足。


彼女が付けた日本語のタイトルは…

IMG_0021_convert_20130920202331.jpg


一日でよく書き上げました。
パチパチ~。

IMG_0019_convert_20130920202254.jpg






2013-09-20(Fri)
 

チャンスはいつでもやって来る。

長女の高校の文化祭は、
2日間ともに台風で中止になりました。

夏休みから準備していたのに、
こんなこともあるんですね。

2年生が中心の文化祭。
各クラス演劇の発表があります。

娘が帰国した時には、
すでに準備がスタートしていたのに、
役をもらった!と、
クラスに溶け込んでいる様子が、
伝わってきていました。

文化祭の準備と部活、
毎日ヘトヘトになって帰宅していましたが、
1週間くらい前になって準主役の子が、
当日出られないことに。。。

やるしかないじゃ~んと、
代役を引き受けてきた娘。

セリフも英語の歌も、
2日で覚えていましたね。

我が家の様子も一変。

長女が帰宅すると、
歌が流れ、歌い出す。

その歌声と楽しげな様子に、
妹たちも歌い出す。

そうなると、みんなの鼻歌が毎日一緒。
ちょっと~またその歌!?

もう誰にも止められない。

ヒッポでは“ことばを歌う”という表現をします。
普段耳にしている多言語ストーリーCDが、
まさに歌うように口ずさみながら、
そのことばが、丸ごと云えるようになっていくのです。

街やTVで流れる歌が、
いつの間にか歌えてしまうのと同じ。

我が家で起きてる現象も、
また同じ。

本番は雨で流れてしまいましたが、
台風が去った翌日、演劇だけ披露されました。

舞台に上がる子、上がらない子、
それぞれの持ち場で輝いていました。

毎日を全力で駆け抜ける娘を見ていると、
この子って、帰国して、学校に復帰して、
みんなと過ごしてる時間は・・・まだわずか3週間!

スゴ過ぎる。
毎日が濃過ぎる。

私がみんなの名前を覚えそうなくらい、
毎日いろんな名前が飛び出す。

そして、その一人ひとりの個性を、
褒める。褒める。褒める。褒める。

こんなことが凄い。
こんなところが素敵。
こんなところがカッコイイ。
こんなところが面白い。

そんなことばを耳にしていると、
まったく関係ない私まで、
毎日が楽しくなり、
その人たちが好きになり、
会いたくなってくる・・・


なんじゃこの現象!!笑


娘は片づけに、打ち上げと忙しい頃、
私は、今日も楽しかった~と帰宅。

夕飯の支度をしていると、
学校から電話があり、

『娘さん、全国英語スピーチコンテストに、
 学校代表で出ます!
 そのために明日学校に来て下さい!
 原稿の締め切りは明後日!!』

2週間くらい休みもなく学校があったので、
明日から連休~と浮かれ切ってたのに…。


次から次にやって来るチャンス。
笑うしかない。


帰宅して『今日はも~寝る。。。』と、
休んでしまいましたが、
朝目覚めると、

『今日は絶対遊ぶって決めてたんだから!
 だ・か・ら・朝から学校へ行く!!
 遊ぶのはそれから。
 行って来ま~す。』

と元気よく出掛けて行きました。
ははは。


チャンスを掴んでいくその姿に、
出来ないことなんて何もないんだな~と、
励まされるばかりです。。。


がんばれ~。







2013-09-18(Wed)
 

多言語

オリンピックが7年後、
東京で開催されることが決まりましたね。

日本のプレゼンが英語だけでなく、
IOCの公用語であるフランス語でも
話されていたことが話題になることが嬉しいです。

『標識を“多言語”にします』

この発表も“来た~!!”って感じです。笑

前回落選した時に、
日本も多言語になれば結果は違っていたのでは…
そんなことを胸に抱いたことを思い出しました。

ことばの力は本当に大きいから。


しかし、7年後とは微妙な時間ですね。
近くもないけど遠くもない。


やれることはいっぱいありそうです。


みなさんは7年後、
どんなふうに活躍していますか?

子どもたちはみんな『通訳してる!』
と口々に云っていますが、

年齢的にはみんな留学を終えて、
その経験を存分に生かし、
英語、スペイン語、フランス語…
本当に活躍してるだろうな。

私も通訳していたいな~。
できれば聞いたことのないような言語がいい。

その準備として、まず7年の間に、
行ったことのない国へホームステイに行く~。


多言語でHappyなオリンピックを目指して、
やれることを見つけていかなくちゃね。


ぼ~っとしていられないわ。。。笑





2013-09-13(Fri)
 

お母さん

ちょっと恥ずかしい話し。。。

新学期が始まる前夜、
学校の準備をしている娘に、

何気なく、本当~に何気なく、
私はこんなことを云いだしてました。

はじめて会う先生もいるだろうし、
あなたのこと知らない先生もいるだろうから、
きちんと挨拶しておいでね。
それから…

もっと何か云ってたと思います。

娘は、そんな私の顔をまじまじと見つめ、
ニッコリしながら、少しだけ大きな声で、

『お母さん』とひと言。

その声を聞いた瞬間、
“なに云ってるんだろうね”
たぶん同じ気持ちで笑ってる私たちがいました。


“お母さん”


そのことばの中に、
私がどんな世界で生きてきたと思う?
わかってるよ。大丈夫だよ。

そこには、明るさとやさしさを兼ね備えた、
本当に自信に満ちた娘がいました。


親だからあたり前なことだけど、
口先だけでわかったと云われるより、
なんだか心地よく効いたひと言でした。


心から尊敬できる娘であり、
信頼できる、素敵な女性になっちゃった~。


毎日毎日、帰って来ると、
『ただいま~!ねぇお母さん聞いて~~』
と話しだす娘がいます。

その姿が可愛らしく、
生き生きと学校生活を送ってる様子に、
聞いてる私までHappyになります。


私もこんなふうに輝いているかな。
私もこんなふうに誰かを幸せにしているかな。


娘からたくさんの刺激をもらっている毎日です。








2013-09-10(Tue)
 

模様替え

そろそろ模様替え…。
そう呟いた夜には模様替えしていました。

夜中の11時。
やる?
やろう!
夫が帰って来る前に終わらせる。

私の模様替えはこんな感じに始まるのです。


玄関から見ると。。。

CIMG5208_convert_20130905104208.jpg


CIMG5211_convert_20130905104248.jpg


でも翌日には、
奥に見えた子どもたちのタンスの向きを変え。。。

CIMG5236_convert_20130905104736.jpg


奥は長女のスペース。

CIMG5239_convert_20130905104331.jpg


扉を閉めると。。。

CIMG5188_convert_20130905104408.jpg


左奥に見えるのは下2人の娘スペース。
ここは何も動かさず。

CIMG5216_convert_20130905104442.jpg


食器棚はこちらに。

CIMG5223_convert_20130905104533.jpg


棚の上のカゴたち。

CIMG5231_convert_20130905104606.jpg


私の机まわり。

CIMG5256_convert_20130905104034.jpg


知り合いからいただいた小さな絵は、
仁平古家具店で買った箱の中。

CIMG5254_convert_20130905104113.jpg


夜の灯り。

CIMG5244_convert_20130905104646.jpg


ちょっとの模様替えくらいでは、
反応の薄~い家族たち。


次はどうしよいかな…。





2013-09-05(Thu)
 

宮崎 駿 さん

『風立ちぬ』をご覧になりましたか?

我が家は家族で見に行きました。
いい作品でしたね。

『良かったね~』
みんなで何度もこのことばを
云いながら帰りました。

大満足な顔をしていた4年生の末娘に、
『このお話し わかった?』と質問しました。

きっと大人の話だから難しいだろう。。。
私はそんなことを思ったのかな。

返って来た返事は、
『うん。わかったよ。すごく面白かった。』

そうか~わかるんだね。
その返事が嬉しかったです。

大人のようにわかる必要も、
感じる必要もないんだよね。

アホな私でした。


昨日、夫が持ち帰ったスポーツ新聞。

CIMG5250_convert_20130903123005_convert_20130903173524.jpg


もちろん宮崎駿さんの引退は
TVの報道で知っていましたが、


この記事の中で心に残ることばがありました。

~~~抜粋~~~

作品のターゲットでもあった、
子どもたちについて聞いた。

『子ども時代というのは大人になるまでの時間じゃない。
 素直に世の中を見つめるためにある時間なんです。
 だから子どもの小遣いを狙うような野心や下心の
 あるようなものは作りたくない。
 この世は、目に見えているものより美しく、奥深く、
 面白いものなんだと伝えたいだけ。』

~~~~~~~~



ことばを自然なプロセスで、
家族や仲間と身につけていこう。

そんなヒッポに出会ったのは16年前。

なぜそんなに長く楽しんで来れたのかな?
いろいろ要素はあるけれど、

大人なのに子どものような自分に出会える。
きっとこれが最大の魅力。

はじめて出会うことばにワクワクしたり、
好奇心を持って誰かの体験を聞けたり、
わからない事なんてちっとも怖くない。

大人だった私が、
子どもになっていく。


これってちょっと素敵じゃない?


世の中を誰かのフィルターではなく、
自分のフィルターで見て、感じて、生きていく。


できるだけ素直な心で。
できるだけ子どものように。








2013-09-03(Tue)
 

新学期が始まりました。

夏休みも終わりましたね。
あ~寂しい。。。

子どもたちは新学期が始まりました。
小、中学校は1週間も前に始まっています。

夏休みが短くなってるなんて…涙

1週間前から始まった、
お父さんからのカウントダウン。

・・・

CIMG5145_convert_20130903114619.jpg



CIMG5146_convert_20130903114751.jpg


・・・

なぜ日本はこんなに勉強を
しなければならないのでしょうね。

と云っても我が子たちは、
宿題以外の勉強はしませんが…笑

塾とか、習い事とか、
本当に縁のない子どもたち。

子どもらしい夏休みを満喫したかな?

高校生の娘は、
信じられないほど人に出会った夏!!と、
充実ぶりを伺わせていました。


お父さんからのメッセージ。

CIMG5221_convert_20130903114837.jpg


一日一日を丁寧に…

まるで、ぼ~っとしている私に、
投げかけてるようなメッセージ。。。苦笑


とにかく夏の終わりは寂しい。
もっと遊びたかったぁ。


夏に活躍したベランダ。

CIMG5227_convert_20130903122130.jpg


朝ごはんはここで。
夏休みの宿題もここで。
読書もここ。
ハンモックでお昼寝もここ。
晩ご飯もここ。

ずいぶん活躍したな。
ああぁ~大好きな夏休み。

戻って来~い夏休み。

もちろん、こんなことを云ってるのは、
この家で私だけです。笑




2013-09-03(Tue)
 

そろそろ模様替え…

自分の机がぐちゃぐちゃ。
出したモノがしまえない。

なぜかな?

CIMG5155_convert_20130901020255.jpg


こうなってくると全部捨てたくなりますが、
そうもいかないので模様替えでもしようかな…
そんな気持ちになります。


なんかいいアイディア浮かばないかな~。


この日は午後から時間が出来たので、
恵比寿、代官山辺りに行ってみました。


いつか行ってみたかった、
ファーマーズテーブル。


CIMG5160_convert_20130901020337.jpg


ビルの4階まで階段を上がるのですが、
息が苦しくなってくると、
“もう少し、がんばって”と、
励まされるコメントが登場し、和ませてくれます。


想像通りカッコイイお店でした。


ザ・イシカワスタイルの写真集を買いました。
素敵でしょ。

CIMG5184_convert_20130901020618.jpg

雑誌でよく見るお家。

CIMG5185_convert_20130901020646.jpg

刺激されます。

CIMG5176_convert_20130901020510.jpg


やる気出てきた。

CIMG5177_convert_20130901020547.jpg



すご~く久しぶりに歩いた恵比寿、代官山。
ずいぶん歩いたので、公園で休憩。

奥にタコが見えます。

タコ公園でちょっと水遊び。。。

CIMG5164_convert_20130901020433.jpg



さあ、模様替えでもしようなかな。。。






2013-09-01(Sun)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR