夏の灯り

クーラーを使わない我が家は、
だいたい窓は開けっ放しです。

ぬくもりある電球も、
夏は本当~に暑苦しいもの。

なので電球を替えます。
写真で映るより本当はもっと薄暗い部屋です。

薄暗いから眠くなります。。。


CIMG4692_convert_20130731073118.jpg


メインは点けずに、
なるべく間接照明だけ。

CIMG4693_convert_20130731073157.jpg


これはクリップ式の照明。
980円。

CIMG4696_convert_20130731073230.jpg


次回古道具屋へ行く際は、
ちょっと個性ある照明器具に出会いたいな。








スポンサーサイト
2013-07-31(Wed)
 

みんな7月生まれ

もう7月も終わりですね。
暑いけど我が家はみんな元気です。。

夏生まれだからかな…。

我が家は6日、11日、16日、25日、28日と、
全員が7月生まれ。


今年食べたケーキはこのひとつでした。
長女の17歳を祝って。。。

CIMG4685_convert_20130730232151.jpg



甘いモノだ~い好きなのに、
このひとつだったか。。。


実は子どもたちに、
誕生日のプレゼントを、
買ってあげたことがありません。


大切なこと、
楽しいこと、
そんなことは日々いっぱいあるので、
モノにこだわる必要もないのかな。


でもトップバッターである、
次女の誕生日の日になんとなく
“誕生日プレゼントは何がいい?”
こんなことを聞きたくなってしまったのです。。。


長女と『なんて答えると思う?』と予測をしましたが、
『えぇ…いいよ』とか『いらないよ』って答えるな。


2人で同じことを口にしました。笑


そんなことを生まれてから、
聞かれたことがないのですから。。。


人生初体験。
なんて答えたと思います?


・・・


間髪入れずに『スケボー』と答えました。


答えにというより、
答えたことがあまりにも意外だったので、
長女とおお~っと声をあげてしまいました。


そうなんだ~今それが欲しいんだ。。。
欲しいモノがあるっていうのも素敵なこと。



次女は自分の誕生日の日、
自分のお金でスケボーを買いました。






2013-07-31(Wed)
 

ありがとう

この夏、私の住む小さい街からも、
たくさんの青少年が、世界へ旅立って行きました。

10歳の小学生が韓国、台湾へ。
12歳の中学生がアメリカ、イタリアへ。
メキシコへ1年間の留学へ行く高校生もいます。

みんなその国に着いたら、
一人でホームステイです。

満面の笑みで出発する子、
瞳を潤ませながら出発する子、
どの子も可愛過ぎました。。。

見送りにもいろんなドラマがあり、
親でもない私も一緒に、泣いたり笑ったり。。。

見送りとは楽しいものです。

次は自分が行くぞ!って気持ちが、
自然に湧いてくるのだから、それも不思議。


台湾の見送りに行った時に、
こんな話をしてくれた人がいました。


“ありがとう”の反対は?


ん?なんだろうすぐに答えられない私。


答えは“あたり前”


みんな、今まであったあたり前は、
今日からありません。
お母さんがご飯を作ってくれるあたり前。
友だちがいたあたり前。
家族がいたあたり前。
ことばが通じたあたり前。


だからありがとうをいっぱい云ってこようね。


お見送りに行って、
こんなにも心に染みることばに出会うなんて。。。


やっぱりお見送りはやめられない。








2013-07-28(Sun)
 

KANJI~漢字~

数年前子どもたちがはまっていた、
“KANJI"のプログラムです。

いろんなところをクリックすると、
何が飛び出すかわからなくて面白い。

子どもたちはもっぱら、
スーツケースの荷造りで遊んでいましたが、

このプログラムの面白さは、
いろんなところに隠された漢字やゲーム。


Kanjihttp://www.lexhippo.gr.jp/apps/kanji/


夏休み、子どもと一緒にやってみては…
とにかくいろんなところをクリックしてみてね。

私もまだまだ遊びきれていないので、
楽しさを見つけたら教えて下さい。








2013-07-24(Wed)
 

夏休み

夏と云えば、蚊取り線香。

CIMG4584_convert_20130724065419.jpg

おっと、その向こうに見えるモノは…

CIMG4585_convert_20130724065459.jpg

泥ダンゴ。

小学生は、こんな素敵なモノを作って遊ぶんですね。
これはまだ未完成。


CIMG4581_convert_20130724065706.jpg


午前中の涼しいうちに、
子どもたちは宿題を済ませてしまいます。

ちゃぶ台を持ち出して、
外でやってます。

夫がつくったウッドデッキで、
本を読んだり、昼寝したりも。。。



夏休みがスタートした娘たちへ、
お父さんからのメッセージ。


CIMG4587_convert_20130724065542.jpg



私もこのことばをかみしめて、
夏を過ごしたい。。。






2013-07-24(Wed)
 

YNS~代々木公園で遊ぼう~

大学生が主催する楽しい企画に参加してきました。
“代々木公園でなんでもしちゃおう”

集合は代々木公園!
ええ~会えるのかな!?

いましたいました。
多言語を楽しむ仲間たちが。。。

CIMG4499_convert_20130721070318.jpg

CIMG4498_convert_20130721070229.jpg

楽しむアイテムは“ヒゲ”

CIMG4493_convert_20130721070116.jpg

ヒゲ!

CIMG4491_convert_20130721070041.jpg

ヒゲ!!

CIMG4495_convert_20130721070151.jpg

ジャンプしたり。。。

CIMG4502_convert_20130721070355.jpg

縄跳びしたり。。。

CIMG4507_convert_20130721070430.jpg

しっぽ取りしたり。
ダンスしたり。
集まった仲間も、日本、タイ、ドイツ、中国…
あ~楽しかった。

CIMG4512_convert_20130721070711.jpg

一番楽しかったことは、チームになって、
紙に書かれたミッションを実行していくゲームBingo!

たとえば…
日本以外の国の人にその国の国旗を書いてもらう!とか、
外国の人に“いつやるの?”“今でしょ!”のセリフを云ってもらい、動画で撮影とか。
タレントのたまごのような人に声をかけ、サインをもらうとか。

その国のことばで話しかけ、丁寧にゲームの説明。
一緒にやったり、お願いしたり、いろんな人と仲良くなりました。
制限時間内にクリアーしていくんですが、これがマジ楽しかった。

代々木公園はたくさんの国の人が遊びに来ています。
どこの国の人と会っても、どんどん話しかけ、
友だちになってしまうヒッポの人たち。

高校生や大学生、子どもも大人もみ~んな、
人に対しても、ことばに対しても壁がない。

わかっていましたが、
こんな身近な公園でもその力を発揮。

出会った人みんなが笑顔になっていく、
ただのゲームではなく、
これはコミュニケーションゲームだな~。
こんな企画ができる大学生って素敵!


娘の『お母さんも一緒に行こうよ~!』
のことばに誘われて参加しましたが、
思いがけない楽しさをたっぷり味わいました。

この日の夜娘は、
体験談を話しに行く予定だったので、
そのままみんなで行き、
帰りは仕事を終えた夫と合流。

一緒に食事をしながら、
娘たちの話は止まらない。。。

人と時間を共有している、それだけですが、
親子という関係性以上に、
人として平らな関係性でいられるって、
とっても素敵なことかも。。。


そんなこともかみしめた一日でした。






2013-07-21(Sun)
 

リネンの風呂敷

子どもたちは夏休みになりました。

やっほ~!
私夏休みが大大大好き。

私だけ宿題なし。笑

とにかく夏休みは楽しい。
なにする?
どこ行く?
なに食べる?
毎日こんなことばかり、
考えていればいいなんて~最高!

子どもといると、
大人だけでは味わえないことが、
いっぱいあるでしょ。


いいね。夏休み。


無印良品で麻の風呂敷を見つけました。
色は墨黒。

CIMG4347_convert_20130720072948.jpg


900円でも手頃な値段なのに、
セールで30%OFF。

CIMG4349_convert_20130720072859.jpg


枕カバーにしようか?
バックにもいいな。
エプロンにもなりそう。

夏は麻が気持ちいい。

いろいろ使い勝手がありそうなので、
3枚買いました。


さてなにを作ろうかな。。。









2013-07-20(Sat)
 

帰国報告会を終えて・・・

イヤロン(留学)報告会が終わりました。

いっぱい泣いてきました。
もちろん感動の涙です。

娘が舞台の上で最後に云ってことばは、
『イヤロンは私の人生を変えてくれました』


CIMG4461_convert_20130716060032.jpg


小さい時から家族でヒッポをやっていました。


その中で、
もっと自分らしく、
もっと自由に、
もっともっと伸び伸びと、
生きていいんだよ。


心からそう願う自分がいました。


子どもたちにその力と可能性があるって、
信じられる自分に育ててくれたのもヒッポです。


子どものためにやってきたつもりなんてない。
自分が楽しいからここまできました。


ヒッポを続けてきて良かったな。





“イヤロンに行きたい”


そう思った時から彼らはライバルではなく
“仲間”でした。


CIMG4477_convert_20130716060355.jpg



出会いに満ちたこのプログラムに支えられ、
世界に旅立っていった子どもたち。


輝いていました。


現地でもがいた時間、流した涙、
そのすべてが自分の誇りとなって、
輝きを放っているのです。


想像を超えたプログラムでした。


750席を超える会場は満席でした。
でも子どもたちは、ここには来れなかった、
すべての人に“感謝”ということばで、
今の思いを伝えていました。


経験と心の中にあるたくさんの存在。
まさに彼らの宝物。



マンスリーを読み続けてくれたみなさん。
子どもたちの成長を信じてくれたみなさん。
お帰りって抱きしめてくれたみなさん。
長女だけじゃない、妹たちを抱きしめてくれたみなさん。

ありがとう。

ヒッポやってみようよって云ってくれた夫。
もうヒッポやめたい。私がそう云った時、
やめなくていいよ。笑って云ってくれた夫。

あなたはすごいね。
こんな未来を予想してた?

ヒッポ行きたい。
そう云い続けてくれた娘たち。
ありがとう。
最高に素敵な娘たち。

家族でやってきて良かったね。
みんなが支えてくれた。


ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。






2013-07-16(Tue)
 

イヤロン(留学)帰国報告会

7月15日祝日 10:30~13:00
国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟大ホール

 参加無料。申し込み不要です。
 お席は750席ありますが、お早めにいらして下さい。


2012年夏、10ヵ国に出発して行った高校生たちが、
約1年間の留学プログラムを終え、全員が帰国しました。


帰国した彼らには笑顔しかありませんでした。


その笑顔の裏に、

どれだけ頑張ったのか
どれだけ泣いたのか
どれだけ立ち上がって来のたか
どれだけ前だけを見続けて来たのか

その軌跡が見えるのです。


全ては自分が選んだ道。
全ては自分にとって必要であった出来事。


彼らにその覚悟があって出発したでしょうか?
彼らにそんな困難を想像できたでしょうか?

きっとそうではなかったと思います。


彼らから感じるものは、
圧倒的な存在感と自信。


全てを受け入れ、
全てを乗り越えてたからこそ
手に入れたもの。


大切な我が子を手放した時、
やり切って来ると信じるしかなかった。

親元を離れた彼らは、
きっとやるしかない毎日だった。


その積み重ねの先に帰国があった。。。


親も子も数え切れない仲間に支えられました。
ひとりじゃなかったから“今”があるんだと思います。



娘が帰国して1ヶ月。

学校も始まりました。
少しづつ以前と変わらない毎日が
やって来るようになりました。

そんな中で、
彼女が毎日云ってることばがあります。


お母さん、人生って楽しいね!!


毎日毎日何度もこのことばが、
彼女の口からこぼれて来るのです。


ヒッポから送り出す留学が、
どんな意味を持つのか…やっとわかりました。



100人を超える仲間が帰国し、
それぞれの家族に帰り、
地域の中に帰り、
報告を続ける毎日だったと思います。

その彼らが、全国から東京に集まり、
13日から2泊3日の帰国報告合宿を迎えています。



合宿の最終日7月15日、
みんなにどんな姿を見せてくれるのでしょうか?
どんなことばで自分のイヤロンを表現してくれるのでしょうか?



楽しみです。


みなさんも是非いらして下さい。
きっと勇気と元気をもらえると思います。


では会場で…お待ちしています。







2013-07-14(Sun)
 

ウッドデッキ

我が家にはバルコニーが東南と西北2つにあります。
西北にあるほうは少し広めです。


先週の日曜日、私は一日家を留守にしていましたが、
帰って来たらウッドデッキが出来あがっていました。



CIMG4346_convert_20130711091723.jpg


CIMG4382_convert_20130711094044.jpg


午前中は野球の練習に行ってたので、
おお~って感じです。


『何時間くらいでやったの?』
『3時間くらい』


おお~。



ホームセンターで材木を購入。
運搬するためにレンタカーを借りる。


ん~コストが安いのか、高いのか・・・。




都会の壁に囲まれたスペースですが、
夕涼み、バーベQ、子どもたちは外で寝る!と、
楽しみが広がってます。









2013-07-11(Thu)
 

模様替えしました。

長女が使っていたベッドは、
いない間に次女が使っていました。

アメリカではふっかふかのベッドで寝ていたはずだから、
帰国してすぐに『ベッドどうする?』と聞くと、
『いらないよ』と返事が。

は?

いらないんだ。
それ以来ずっと布団をひいて寝ています。

机も分解してしまい無かったので、
とりあえずは私の机を。
と云ってもこれは、勉強机ではなく、
本当はダイニングテーブルです。笑


なんのこだわりも無い娘たち。
ものすっごくこだわりがある私。


玄関から見ると。。。
左は長女のスペース。

CIMG4354_convert_20130709083436.jpg


右は私たちのスペースとダイニングテーブル。

CIMG4356_convert_20130709083510.jpg


CIMG4365_convert_20130709085513.jpg


CIMG4362_convert_20130709085438.jpg


CIMG4372_convert_20130709085614.jpg


寝る時は雨戸で締めます。家の中なのに~笑

CIMG4373_convert_20130709085644.jpg


CIMG4378_convert_20130709085721.jpg



雨戸を使わない時は、
食器棚の後ろにしまいます。


CIMG4379_convert_20130709085753.jpg


なんだか楽しい模様替え。


このくらいの移動なら、
1時間くらいで終わります。


とっても気軽な模様替え。








2013-07-09(Tue)
 

美容院

帰国して丁度一ヶ月が経ちました。
今日から学校です。

と云っても面談があったり、
履修のことを相談したり、
本格的なスタートではありません。

学校が始まる前に美容院へ行きました。
帰国直前にパパが染めてくれたの!と、
嬉しそうにしていましたが、
日本の学校ではそうもいきませんので、
黒くしました。


ずっと私がカットしていたので、
初めての美容院。(日本では!)

CIMG4268_convert_20130708225221.jpg


ついでに私も7年?8年?ぶりの美容院。
ずっと自分でカットしていたので。。。あらあら。


ネコちゃんの居る美容院でした。
見ず知らずの私の膝に乗って、
この様に寝てしまうんです。

CIMG4265_convert_20130708225256.jpg



あまりの可愛さに写真を撮っていたら、
『ネコがお好きですか?』
と聞かれたので、
『好きではありません』と答えました。

ん?

結構失礼な答えだったかも。



ひとりでやってるひと席しかない美容院。
この人懐っこさはきっと看板ネコちゃん。

途中で『ただいま。あっ、こんにちは!』と、
爽やかに帰ってきた息子さん。

私は初めて来た客なので、知り合いではありません。
でも知り合いに話しかけるような人懐っこさがあったので、
驚きと同時に、素敵だな~って思いました。
聞けば中学3年生。


挨拶ってスゴイね。
人柄から家族から…いろんなことが伝わってきます。
きっと看板息子に違いない。


ひとりでやってるお店なのに、
ひとりじゃない感じでした。


E・T もいました。

CIMG4296_convert_20130708233317.jpg


近所で見つけた素敵な美容院。






2013-07-08(Mon)
 

模様替え

ちょこちょこ模様替えしてましたが、
すでにあちこちでいろんなモノが山積みです。。。

見えないでしょ。笑

収まりが悪くあまり気に入っていないので、
また模様替えがしたいな~と思う日々。


玄関から見ると。。。

CIMG4256_convert_20130704085913.jpg


CIMG4262_convert_20130704090154.jpg


CIMG4261_convert_20130704090052.jpg


CIMG4260_convert_20130704090006.jpg


家族5人で暮らすにはせっまいですよ~。
でも、もっと工夫できるとおもうんだけどな。。。


そしてこんな狭くても、人は突然泊りに来るんですよ。
そうゆう時は“どうにでもなる”そう思うだけです。笑


そしてその思いがけない時間は特別な思い出に。。。









2013-07-04(Thu)
 

ことばのこと

これはアメリカの赤ちゃんが
飲んでいたミルクの空き缶です。

133_convert_20130627002458.jpg



アメリカへ旅立った時は、
わずか2カ月だった末っ子の赤ちゃん。

ミルクを飲ませたり。
お風呂に入れたり。
おむつを替えたり。

ホストファミリーの6人子どもが居る中で、
長女となった娘が、お母さんを支え、
赤ちゃんの面倒をみていたのでしょう。

この缶を見て思い出してね。
ママからそう云われたそうです。


命を育てること。
小さい兄弟たちと一緒に自分が育つこと。
ママやパパと一緒に家族を築いていくこと。


自分のイヤロン(留学)は“家族”と云い切る娘。


そんな娘が昨日のワークショップで、
“ことば”について話していました。


ヒッポ(多言語)の中で大きくなってきた娘。
でも英語は全然わからない。。。
アメリカ留学はそこからのスタートでした。


行きの飛行機の中で急に怖くなり、
ずっと泣いてた。


成田で笑顔を残し出発して行った先に、
そんなことがあったんだ。。。
帰国してはじめて聞くエピソード。


でもアメリカでの生活が始まって、
ヤバイ英語が全部わかる!うち天才かも。


ヒッポをやっていると、どこの国に行っても、
相手の云ってることがわかるという自分に出会い、
自分を驚かせるというか…
ことばへのスタンスが変わっている自分に気づきます。


みんなの云ってることは全部わかる。
でも答えることがことができない。。。

そんな時、3歳の弟を見ていて、
この子は細かい意味はわかっていなくても、
みんなのマネをしている。
まるごとマネしているだけなのに、
そのことばを使うタイミングはいつもピッタリ。

こんな繰り返しの中で、
この子は間違えなく英語を話すようになるんだ。

そう思ったその時から、全部マネするようになった。
そうしたら、今まで頭の中にあった日本語がなくなり、
日本語のフィルターを通さずに英語がわかるようになった。

話そうと思った時、全部“音”で入ってるから、
間違えようがないんだよ。
そこから話すことが怖くなくなったし、
誰とでも話せるようになった。



日本語で、てにをはを間違えないことと一緒なんだ。
娘にとって、英語は母語習得と同じ道筋で話せるようになったんだ。



このやり方ならどんなことばを話すことも、
簡単だと思う。

アメリカに行って家族をつくって、
英語も話せるようになって、
またアメリカに帰りたい!そう思っていたけど、

今はもっといろんな国に行きたい。
いろんな国のことばを話したい。




この日の午後、帰国した高校生たちが
20人以上参加した懇談会がありました。


今朝、日本に着いて、そのままここに来たという、
フランスからの帰国生、
昨夜遅くに帰って来たカナダからの帰国生、
前日帰って来たドイツの帰国生、
数日前に帰国したイタリアの帰国生、
そして帰国して数週間経つ、アメリカからの帰国生。


CIMG4243_convert_20130702113629.jpg



みんなその国のことばで話してくれる姿は、
日本人じゃないみたい。
ハグをした感触も国によってずいぶん違う。


16、17年日本人として育ってきた彼らが、
たった10カ月の生活でここまで変化してくるなんて…


みんなその国で生まれた赤ちゃんなんだ。
なんかこれって凄いことじゃない?


国も違えば文化も違う、もちろんことばだって違うのに、
仲間のことばに反応し、キラキラした瞳を向けている彼らに、


本当~~~に感動。


やり切った自分自身に誇りをもっている彼らが、
仲間のことも誇りに思ってる。
そんな感情が伝わってくるのです。


いや~人間てすごいね。
人間て素晴らしいね。


あの空間にいるだけで
そんなことを思わせてくれる。。。



今日はいよいよ、メキシコ・スペインからも帰国!
娘は今日もイヤロン帰国報告部屋へ。



~帰国報告会~ 
 
 7月6日(土)
 文京シビックセンター・スカイホール 午後6時半~8時半

 アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、スペイン、
 8人の留学生が自分の体験をことばにしてくれます。


 7月15日(月・祝)
 国立オリンピック記念青少年総合センター 
 カルチャー棟大ホール(収容750人)
 午前10時半~1時
 
 ヒッポファミリークラブから留学した高校生が開く、
 帰国報告会です。


どちらも、年齢に関係なくどなたでもご参加いただけます。
リンクのホームページから申し込み、または直接会場へお越し下さい。
 

 
きっとたくさんの感動に出会えると思います。







2013-07-02(Tue)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR