高円寺の古着屋さん

今家の中では、中国語、台湾語、広東語・・・
いろいろ流れています。
ニュースを見ているといろいろ複雑なこともあるけど、
私はどのことばも好き。
リズムが違って、抑揚があって、なにより楽しい。
こんなことばを育んだ人たちを、
愛おしく思わずにはいられない。。。




週末小学校の運動会があります。
晴れて欲しいな~。
末娘と作ったてるてる坊主です。

くくくっ笑ってる。

003_convert_20120927111920.jpg



あんなに残暑残暑、暑い暑いと云ってたのに、
今度は寒い寒いと長袖を探してる。
季節の変わり目とは、こんなもんですね。



ビーさん履いてる私が、
ふらっと寄った高円寺の古着屋さんで、
ショートブーツを見つけました。

004_convert_20120925122739.jpg

ん?

まだいいやなんて通り過ぎましたが、
いやもう寒くなるし、足だけ通してみようと思って、
買わないつもりで履いてみました。

むむむむ。

なんとも履き心地良い靴。
しかもなんだか綺麗なフォーム。

裏を見るとイタリア製。
やっぱり。


まったく傷なしの、かかとの減りなし。
これでたったの790円。


ど~していいかわからないので買いました。笑



高円寺には古着屋さんが数え切れないくらいあります。
若い子が集まるお店が多いから、
私のお気に入りはその中で数件。


ミナ ぺルホネンを扱うお店があって、
行く度に覗きますが、なかなか手が届かない。。。

古着屋さんでコートが4万とか6万とかするんだから、
本当はどれくらいするんでしょう?
いつか“これ”と云うモノに出会ったら買ってしまおう。。。


安~いお店もいろいろあって、
面白いのが高円寺。


これはリーバイスのGパン。
水玉の裏地と、緑色のステッチが気に入ったので購入。

005_convert_20120925122814.jpg

007_convert_20120925122900.jpg

750円なり。




古着屋さんも古道具屋さんも、
気に入ったお店があれば、
ちょこちょこ覗くのがベスト。

“出会い”

を楽しむのです。













スポンサーサイト
2012-09-27(Thu)
 

模様替えをしました。

ジャイアンツリーグ優勝おめでとうございます。

夫はジャイアンツファンなので、
優勝すると翌朝、スポーツ紙を全紙買って来ます。
これは恒例のこと。
私はまったく興味がありません。


035_convert_20120923083357.jpg

娘が起きて来ました。
ガッツリ読んでいます。
もちろんジャイアンツファンです。

016_convert_20120923083104.jpg

末の娘も起きて来ました。
こちらもガッツリ読んでいます。
もちろんジャイアンツファンです。

026_convert_20120923083137.jpg





私にとって模様替えとは、
ごくごく日常的なこと。

掃除するのは好きではないけど、
模様替えは好き。

片づける大きなきっかけが模様替え・・・みたいな。

でも最近、模様替えをしたいという
衝動が起こらないのはなぜだろう?って

ちょっと悩んでみましたが、
わかりました。

部屋が散らかっていないからです。
ということは、私に大きな動きがないということ。

部屋を散らかすのは私。
出したモノを出しっぱなしにするような人は、
私しかいないので、私に動きがないことが原因だと思います。


模様替えをする意欲もないほど暇な私を心配してか?
それともジャイアンツ優勝を祝してか?


珍しく夫からデートのお誘い。
どんな理由でも嬉しいもんです。






さて、この度の模様替え、
やろうかやるまいか、ちょっと悩みました。
夜だったので。。。

でもやりたいきっかけもないままに、
時は経っていたので、
小さな衝動でも起きたのだから、


やっておこう。


夜9時を過ぎているのに模様替え。
窓際に低い引き出しを持って来ました。

008_convert_20120924081207.jpg


少し高かった食器棚はこちらの角に移動。

011_convert_20120924082315.jpg


テーブルはカウンター際です。

011_convert_20120924081118.jpg


これは本棚に付いていたガラスの扉。
はずしてしまいました。

033_convert_20120923083254.jpg

はずしてみたら、ちょっと雰囲気のある棚に。

034_convert_20120923083321.jpg

ちょっとした模様替えですが、
まあいいかな。


次は次女のスペースを模様替え。。。












2012-09-23(Sun)
 

夕焼け

今日、台所に立っていたら虹が見えました。
見た人いるかな?
029_convert_20120919201010.jpg

いつの間にか夕焼け空も秋。
034_convert_20120919201039.jpg


たまたま広げた本の中に、
飛鳥新社の出版案内
という冊子が挟まっていました。
目に飛び込んで来たタイトルが、

『母親は首に巻きつく蛇』

なんとも衝撃的なタイトルだなと思いました。
朝日新聞・家庭欄で紹介されたコメントは、

東京心理教育研究所を主催し、
セラピストである著者が豊富な臨床例から
<ヘビ母>の間違った愛を解明。
「ある意味で『病む』という形で
 自己表現する子どもの方が健康なのかもしれない」


・・・


私も母です。
己の事はわかりません。

でも、ことばも考え方も、文化も、歴史も、
違いがある中にいることで、

違いがあることを認められたり、
受け入れたりできる、
自分に変化していることにも気づきます。

それってきっと自分のことも、
認めたり、受け入れたりできることに、
につながっているような。。。


何のために多言語をやるの?
と聞かれることがあるけど、

“必要なこと”

だからやっているのかもしれない。



子育てを楽しむために、
人生を楽しむために、

多言語的(自然なかたちでの)
見つけ方、ものの見方が、
大切なんだと思う。








2012-09-19(Wed)
 

くらしのmoto市

今日は朝からロシア語。

昨日TVで映画ソルトがやっていました。
映画もドラマもあまり見ない私ですが、
なぜかわからないけど・・・見てしまいました。

ロシア語のシーンがわずか一ヵ所。
それだけです。



9月30日にくらしのmoto市が開催されます。

どこで手にしたのか忘れましたが、
多分気になったのでもらってきたチラシ。

003_convert_20120915084851.jpg

開催地は町田のお寺の境内です。

021_convert_20120915084923.jpg

しばらくしてじっくりこのチラシを見てみると、
出展者に仁平古道具店。

この時はまだ益子にも真岡にも行っていなかったので、
行きたい行きたい行きたい…と連呼していました。

でも残念なことに、
私、この日はすでに予定が。。。残念。

サルビア、ハルカゼ舎、他にも素敵なお店が出展者に。

018_convert_20120915085126.jpg


開催地がお寺だけに、座禅の会もあったり。
体験してみたかったな。。。

注意書きに
会場には池がありますので落ちないように充分にご注意ください。
なんてありますよ。

駐車場はないようですので、
行かれる方気をつけて下さいね。


http://kurashinomotoichi.web.fc2.com/(案内)
http://kurashinomoto2009.blog45.fc2.com/(出展者紹介)


行きたかった・・・






2012-09-15(Sat)
 

夕焼け

カメラを開けたら、夕焼けの写真が。

035_convert_20120913155528.jpg


娘が撮ったんだな。。。
こんな瞬間にシャッターを切るなんて、
なかなかだな~。


我が家はマンションの2Fなので、
電線がばっちり映ってしまうけど・・・。


夏の終わりを感じる一枚だな。


でも毎日暑い。
どうしても袖がないモノを着たくなるんですが、
もう9月。これが最後、これが最後と、
ノースリーブを着ている私。


そろそろ、そんな夏物をしまって、
模様替えでもしようかな~。







2012-09-14(Fri)
 

子どものスペース

朝メールを開けたら、
友人から、週末はYOSHIのグループ展があるので、
東京に行きます。

というメールが届いていました。
どこで会える?とか、
一緒に行ける?とか、
そんなお誘いでもなく、
都合を聞く内容でもなく、

ただ東京に行くという報告?告知?
みたいなメールです。

もしかしたらどこかで会うかもしれないけど、
会う予定はなし。笑

私はひと足お先に、そのグループ展を見に、
銀座に行って来ました。


ここどこでしょう。
036_convert_20120913155457.jpg


これも銀座です。

グループ展をやっていたギャラリーを出ると、
向かい側の建物が気になり、しばし足を止めました。
なんか日本じゃないみたい。
きらびやかなビルではなく、
こちらのビルをパチリ。

YOSHIの絵をじっくり見て、
コメントを残して来たけれど、
彼は私の事を覚えてはいないと思う。。。

でも人の縁とは面白いものであり、
人は人によって、こうやって動かされるもの。


“動いてみる”


これが私のキーワードかな。



さて、雨戸で仕切られた次女のスペース。
実は我が家の子どもたち、
キッズサイズのベッド全長、
“165センチ”に寝ていたので、
アメリカからデッカクなって帰って来た娘には、
いささか小さい~。

幅は70センチしかないので、
まるで寝ぞう強制ギブスのような、
ベッドでありました。

女の子なのでそんなに大きくならないかも。。。
なんて思っていましたが、
今の子はわかりませんね・・・
足なんて26センチくらいあるんですよ。
女の子ですよ。

とにかく我が家のような省スペースには、
シングルベッドなんて置けるような、
部屋はなかったのです。


一人いない気持ちの余裕か?
はたまた伸び盛りの子どもをいつまでも、
強制ギブスに寝せておくのも・・・
といった親心か?

・・・

買ってしまいました。ベッド。

035_convert_20120907081300.jpg

これは無印良品のもの。

久しぶりに行って驚きました。
シングルより小さいスモールというサイズが
登場していました。

大きくなったといっても、
広がった幅はわずか10センチ~!

微妙~。

我が家にはジャストサイズでした。
無印良品さんありがと~。






2012-09-13(Thu)
 

マンスリーレポート

娘からの初めて届いたマンスリーレポートです。

010_convert_20120907080721.jpg

007_convert_20120907080638.jpg

003_convert_20120907081203.jpg

留学に行っている高校生たちは、
こんなふうに自分の様子、
その時感じていることや、
ホームステイでの生活、
ことばをどんなふうに理解しているか・・・など、
それぞれの視点でレポートに書いています。

そしてそのレポートが日本に送られ、
日本の仲間たちにシェアされ、
世界で頑張っている仲間にも、
日本から発送され、シェアされていきます。

仲間のがんばりが自分を奮い立たせたり、
日本からの応援が、支えになっていくのでしょう。



先日私が主催するファミリー(活動)でも、
さっそく届いたレポートをみんなで輪読しました。

子どもも大人も一緒になって声に出して読みます。

みんなで輪になって、。読みをします。
。のところまで読んだら、
次の人へと回していくのです。

ひとりで読んだらあっという間に読めるレポートも、
みんなで読むとじっくり噛みしめるように読めます。

面白かったのは、小学校低学年の子は、
まだ知らない漢字があったりして、たどたどしく読み、
大人は老眼が進んでたりして、
こんなに文字が読みずらいのだと、
みんなで理解したり。。。
世代を越えて女子高生の文字表現を読み解くことも、
本当に面白かったです。

なんか違った意味で笑いがいっぱいな、
輪読となりました。

でも、どの人もその人のレベルで真剣に読んでる姿が、
間違いや失敗があるのではなく、
みんなに支えられてる感じがして、
年代を越えた人と“輪読”することの意味を、
改めて感じる時間となりました。



詳しくマンスリーレポートお読みになりたい方は、
ここにコメント下さるか、
私のPCにアドレスをお送り下さい。





2012-09-10(Mon)
 

池リンピック!

みなさんオリンピックはご覧になりましたか?
今はパラリンピックですね。
我が家の小学生は『パラリンピック!パラリンピック!』
と毎日盛り上がっています。

昨夜のニュース番組で乙武さんが、
パラリンピックで活躍する
選手たちを紹介しながら、

『オリンピックの祝賀パレードを、
 パラリンピックが終わるまで延期出来なかったのか、
 オリンピックを誘致したいという日本だけに、残念でした』

最後にそうコメントされていました。

大切なことばを心に止めておきたいです。



そして我がエリアの(池袋地域と呼んでいます)
ヒッポファミリークラブの面々たち、

沖縄から北海道、アメリカ、メキシコ、韓国…と、
多言語を楽しむ仲間は広がっていますが、
世界広しと云えども、

この地域、遊びにかけては“ピカ1”なのでは。
と自負しております。笑


毎年秋に開かれている地域の家族合宿。
今年は9月8、9日に開催されます。


私は初めて“合宿行きますか?”と聞かれた時、
娘はまだ1歳でした。

この“合宿”という響きを、
懐かし~と思ったことと、
結婚して主婦になって、しかも赤ん坊がいて、
まさかの“合宿”と驚いたことを、
今でも鮮明に覚えています。

学生になった気分で家族で参加して以来、
15年間かかすことなく、
1年にいっぺんのお祭りのように楽しんでいます。


そして今年の合宿のタイトル・・・


これは、この夏青少年たちを送り出した親たちが、
『行ってしまったね~』と呟きながら、
さて今年の合宿タイトルどうする?

から始まり、みんな合宿は好きだ嫌いだ、
そもそもなんで人と一緒に寝食共にしなきゃならないの、
などなど云いたい放題云いながらながら、

よし!これで行こう~!!と決定しました。
いよいよオリンピック開幕という時でした。


タイトルは“池リンピック”~見て良し、やって良し、感じて良し~


パチパチ~。


私、オリンピックの開会式を見る目が違っていたと思います。笑
でもここからが、我が地域の笑えるところ。


じゃ~ん!

031_convert_20120907072312.jpg

これ聖火です。


20数か所あるファミリー(地域の活動場所)を
ファミリーからファミリーへ、
この聖火がランナーと共に駆け巡っているのです。

そしてオリンピック会場、いや合宿会場まで、
この聖火の火を絶やさずに届けなければなりません。


くくくっ 笑えるでしょ。


これはどのファミリーをこの聖火が巡って来たかの証。

022_convert_20120907072406.jpg

涙がでました。



まだまだあるんです。



開会式が!


入場行進。
各ファミリーがファミリー旗を持って入場~。
これが私のファミリー旗です。

032_convert_20120907081120.jpg


私のファミリーネームは“ラササヤン”インドネシア語です。
親愛とか愛情とか素敵な意味を持ったことばです。

初めて行った海外旅行がインドネシアだったり、
夫がインドネシア人みたいに濃い顔だったり、
受け入れでインドネシアの素敵な方に出会って来たり、
ラササヤンというみんなに愛されている歌があったり。。。

いろんな縁があって付けた名前です。


我がファミリーの旗手は小学4年生のトシ~。


しかしこの日は学校もあり、
開会式に間に合うかドキドキです。


そして彼は翌早朝、
少年野球の試合のため・・・帰宅します。涙



開会式と云えばIOC会長挨拶。


いるんです。
IOC会長が!


実は、今年留学に送り出している親たちが、
準備の段階から、
子どもたちががんばっているのだから、
親である私たちも何かやろ~と、
月一回集まりだし、やっぱり名前を付けなくちゃ・・・

と付いた名前が“ IOC ”池袋親の会の略です。

この瞬間、一同大笑い。
オリンピックと一緒じゃ~ん。

でも今年はオリンピックイヤーだからいいじゃない。
ということで決定~。



まさかこの決定が地域合宿に結びついて行くなんて・・・私たち何者!?



遊びの天才か!?


IOC会長の挨拶、聖火の点灯式、
想像するだけで笑えます。



なんでも本気になって遊んでしまう、
大人たちに囲まれながら、
あたり前のように巻き込まれていく子どもたち。



150人もの老若男女が集まり、
どうなることでしょ~。


とにかく開会式は明日。
楽しんで来ます。








2012-09-07(Fri)
 

A.K.Lobo

いつも我が家には多言語のストーリーCDが
BGMのように流れていますが、
時々多言語に交じって、日本語も流れます。

あまり意識して聞いていないので、
時々『そうだったの~!?』なんて、
内容(ストーリー)に反応してしまったりして、
とても新鮮な気持ちになります。

面白いでしょ。

内容を理解することより、
だいたいで聞いてる、スタンスが大事なのですから。

アメリカに行っていた中1の娘は云っていました。

5年生で韓国に行った時は、
韓国語わかるのかな~?って
不安になって行ったけど、
こんなにわかるんだ!って驚いて、

アメリカに行く時も、
英語わかるかな~?って思ったけど、
ええ~こんなにわかるの!って驚いたとか。


人間の話すことばは、
わかるという道しかないようです。


ぼんやり流れている多言語は、
子守唄のように体にしみ込み、

毎週行っている活動(ファミリー)は、
人とかかわるスタンスを育んでいるのかな。



また前置きが長くなりました。。。



吉祥寺のA.K.Loboという、
ギャラリーが併設されたカフェに行って来ました。


ブログ仲間 verano の友人が紹介してくれた、
ともぞう本舗 手染め手ぬぐい展を見るためです。

空いている時間を見つけ、
ひとりで行ったんですが・・・

いや~素敵なところでした。

五日市街道沿いにも、
ちょこちょこ気になるお店はありますが、
なんとなく吉祥寺だと、住宅地に点在するお店を、

見つけては覗き。
見つけては覗く。

みたいな、のんびりとした歩き方を好んでいたので、
紹介されなければ行かないお店でした。

外観はこんな感じ。

038_convert_20120905093701.jpg

001_convert_20120905093054.jpg

ちょっと脇から見上げたら、
こんな素敵な蔦が絡んでいました。

036_convert_20120905093623.jpg

034_convert_20120905093548.jpg


中に入ったら・・・


雰囲気をかもし出している、2階へと上がる壁。
カッコイイ~。

006_convert_20120905093256.jpg

008_convert_20120905093331.jpg

007_convert_20120905094816.jpg

気になるわぁ~このポスター。

003_convert_20120905093133.jpg



こちらは2Fのセルフカフェ。
奥に見えるのが、ともぞうさんの手ぬぐい。
ひとつひとつ柄の説明をして下さるので、
どれも欲しくなり、どんどん迷います。

026_convert_20120905093019.jpg

私は夫へのプレゼントに買いました。
“馬”がひっくり返って描かれていて、
9頭の馬だけが“馬”と描かれ、
うまくいくという意味です。

031_convert_20120905093508.jpg

027_convert_20120905093433.jpg

手ぬぐいが目的でしたが、
このお店のケーキも気になったので、
下へ降りてケーキ選び。

011_convert_20120905092823.jpg

ヤバかったです。
フランスで修業されたオーナーの作るケーキは、
ひとつひとつ“作品”といった感じでした。
そしてどれも大きくて、美味しそう。

010_convert_20120905092708.jpg

012_convert_20120905092857.jpg

迷いましたよ~。
でも私の選んだケーキはこれ。

メレンゲを焼いたものに、
生クリームがたっぷりサンドされていました。

017_convert_20120905094212.jpg

これ、意外に大きかったです。
私の手のひらくらいありました。

フォークを刺すとメレンゲがホロホロっと崩れ、
口の中でほんわり溶ける口当たりが、
なんとも云えない美味しさでした。

021_convert_20120905094928.jpg

私は窓際でゆっくりいただきました。

024_convert_20120905092940.jpg


他にも食べたいケーキがいっぱい。。。
この暑さでケーキはちょっと・・・と思っていましたが、
やっぱりケーキは美味しい。


お薦めのお店です。







2012-09-05(Wed)
 

褒められること

お母さん僕がなんでヒッポに行くかわかる?


僕は学校で怒られ、
家でも怒られ、
でも、ヒッポに行くと
みんなが褒めてくれるでしょ。


だから僕はヒッポに行くんだよ。


母にそうつつぶやいた彼は、
今アメリカにいます。

娘と一緒に旅立って行った、
高校生のひとりです。


彼は生きにくくて、
日本を離れたわけではありません。


自分の弱さも知っていて、
それを乗り越えたくて、
選んだ道だったのではないかな。


自分を信じてくれる人の中なら、
きっと乗り越えられる。


自分の未来と可能性への、
一歩だったんだと思います。


アメリカでどんなスタートを切っているのかな。。。
マンスリーレポート(報告レポート)が楽しみです。






これはいただいたかりんとう。
包み紙が素敵でした。
味もとても美味しかったです。

野菜はひとつひとつ野菜の味がするし、
きんぴらはきんぴらごぼうの様にちょっとピリ辛。

子どもたちとポリポリ
あっという間に食べてしまいました。

060_convert_20120831103742_convert_20120903223138.jpg

062_convert_20120831103814_convert_20120903223213.jpg


誰かにちょっとしたお礼をするのに、
私はいつも気の利いたものが探せず、
迷ってしまうタイプ。

いただいたら何でも嬉しいのに、
自分が逆の立場になると、
迷って迷って迷って・・・

そんな自分に疲れます。

レストランでメニューを決める時は、
もう優柔不断なんてものじゃありません。

決めた次の瞬間から後悔しているような、
しょ~もなくめんどくさい人です。




洋服でも持ちものでも、
好き嫌いがはっきりしていて、

『これいる?』

と聞かれたら、好きじゃないものは、
絶対はっきり断わるのに、


な・ぜ・か・食べ物になると・・・決められない。















2012-09-04(Tue)
 

大事なことだけ

思い切って整理してみました。

これは我が家のカトラリー。
必要なものはこれくらいです。

017_convert_20120901210526.jpg

後ろの方にお皿も見えますが、
普段はこれくらいあれば十分です。


となると、食器棚に入ってるものは・・・
いつかもっとシンプルに暮らしたい。。。





普段台所に立ってるのは、
3人姉妹の中でも長女が多かったのですが、

彼女がやっていた“仕事”は
ごくごく自然に妹に引き継がれていました。


私が期待するとか、
プレッシャーを与えるとかではなく、
あたり前のように台所に立っているのです。



ホームステイから帰って来てから、
長旅の疲れや、宿題のプレッシャー、
複雑な思いがあるだろうな。

夢のようなアメリカでの生活から、
じめじめとした暑苦しさの中で、
現実とのギャップに苦しむだろう・・・



勝手にそんなふうに思っていましたが、
娘は帰ったその日から、
当たり前のように台所に立ち、
食器を洗ったり、片づけたり、
本当に自然に体が動いているのです。

きっとアメリカでも、
そうやって過ごして来たんだろうな~て
ことばにしなくても伝わって来ます。


このあまりにもあたり前のような動きは・・・
一体なんだろう。。。


姉の姿を見ていたから?
でももう姉を越えてる感じ。


なんか大きさを感じる。
もちろん体も大きくなって帰って来ましたが、
人間としての大きさです。

まだ中1なのに。。。



学生なら勉強や部活、
やらなければならないことがある。
でもやらなくてもいいことがある訳ではない。



日本に居るとなんだか優先順位があり、
それを助けてくれる母という存在がある。

たまたま我が家には、
そんな順位もそんな母もいないだけ。


かもね。笑


長女の手紙に、
毎日数え切れないほど“ありがとう”を云っています。

とありましたが、
私もそんな娘に何度も
『ありがとう』を云う毎日です。


“ありがとう”ということばは、
人を幸せにする素敵なことば。




大切な時間と
大切なものを
手に入れてる子どもたち。





2012-09-01(Sat)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR