ホームステイへ出発!

終業式を終えた翌日
青少年がマレーシアに旅立って行きました。

自分で荷物を準備して
ホストファミリーや
誰に出会うかわからない
現地の人たちを想像しながら
お土産を用意して。。。

もっとマレーシア語を聞いておけば良かった。
もっとマレーシア語で遊んでおけば良かった。
いやいやマレーシア語に限らず
もっと何かやっておけば良かった。

これは大人が思うこと。
何かやっておくことで
安心したいのかもしれない。

もちろんことばは背中を押してくれます。
ストーリーCDを歌った分だけ
誰かのマネっこしていた分だけ
その音に出会ってきます。

音に出会い
音を口から出すことで
その働きを見つけ
ただの“音”から“意味”を
見つけていくのです。

これがことばの自然な道筋。

でもホームステイに行くということは
いつもの何気ない日常の中に
その子のすべてが詰まっていて、
どこに行ってもその日常が出るだけ。

ホームステイとは、
その国の家族の中で、
生活してくる
生きてくる
ということだから。

子どもたちが
海外にホームステイに行くと云うと
「良い経験ね」
そんなことばが
返ってくることがあります。

私はちょっと違和感があります。
行ったら“いい経験”になるのかな?
もちろんかけがえのない
経験であることは間違えありません。

でも、子どもたちを外に出す時
(海外に限らず)
いつもの自分の姿や、
ここまでの子育てが問われている。
そう思うからドキドキします。

だから生き方が大事。
そう思うのです。

目の前の人とどう向き合うか
家族の中でどう過ごすか
交流に行く準備とは
決して特別なことではなく

自分の生き方に
向き合うということ。

私は特別な世界に、
子どもたちを送り出している
つもりはありません。

自分にとって
家族にとって
大切なことにだから
送り出すのです。



旅立った青少年たちが帰国して来ます。
人の中で送り出された子どもたちだから、
きっといろんなことを乗り越えて
帰って来るでしょう。

それだけで凄い。
すべてを受け止めていこう。











スポンサーサイト
2012-03-31(Sat)
 

オープントラカレ講座・中村桂子さん

3月20日 オープントラカレ講座がスタートしました!

以前にもこの講座のことを書きましたが、
今年で6年目になるオープントラカレ講座。
全13コマの講座には、物理、生物、音楽、芸術などなど、
各分野の研究者がいらして、お話しをして下さいます。

ここまで多様な分野の方々と、
普通の主婦が出会えるのは、
たぶんヒッポしかないのでは・・・

ヒッポにはシニアフェロウと呼ばれる、
様々な分野の研究協力者がいますが、
ノーベル賞を受賞された、
南部陽一郎さんもそのお一人。

何年か前にお会いした時は、
まさかそんな偉大な研究をしている方とは知らず、
(だって普通の主婦ですから)
私は中国語が話せるようになった体験を,
先生にお話ししました。


2人で肩を並べて歩いた帰り道、
『あなたは本当に楽しそうに話をするね
 それはとても大切な事だよ』

やさしくそう云ってもらったことを、
今でも鮮明に覚えています。


人間にとって一番自然なアプローチで、
ことばをやっているだけなのに・・・


そんな人たちを引き寄せてしまうヒッポって・・・凄い。



今回、第一回目の講座は、
中村桂子さん(生命科学/JT生命誌研究館館長)
桂子さんもシニアフェロウのお一人です。

今年は280名を越えるお申込みがありました。
その中で、私は娘たちと司会をさせていただきました。

ちょっぴり緊張しました。

娘たちは緊張しないようです。
『なぜ?』と聞くと、
『ヒッポだから』と云います。

ふ~ん。


昨年は震災直後で、
この講座は中止になってしまいました。
その時のことを振り返りながら、

“想定外”

このことばがずいぶん使われていたでしょ。
でも自然は知らない、わからないことがまだまだあって、
いつだって思いがけないことが起きる。

自然とはそうゆうもの。

その中で私たちは生きているのに、
想定外というのは、ずいぶん傲慢じゃないかしら?

人間は生きものであって、
人間も自然の一部であること。
つながりの中に自分がいることを忘れてはいけない。

 人とのつながり
 他の生きものとのつながり

人間だけではないもののことまで考える。
傲慢さを反省して、新しい生き方を考えなくてはね。



そう話す桂子さんの語り口は、
優しくて、そして強かったです。



人間にしかないものは、
 
分かち合う心
想像する力

ものみな一つの細胞からできていて、
チンパンジーと人間のDNAはほとんど一緒。
でも見えないものを思い浮かべる力は、
人間にしかない。

便利に慣れきってしまうと、
想像が衰えてしまう。
想像するということは、
優しさ。




想像することは優しさ。
素敵なことだな。。。

ヒッポをやっていると、
わからないことばの世界で、
想像するということを、
無意識にやっています。

誰かと比べることばかりだった私から、
そんな小さな物差しを取り除いてくれたのは、
想像するという行為だったんだ。。。



人類は分かち合って生きてきた。
こうゆうことが出来るのが“人間”であり、
人間らしく生きるということ。

 
 人間らしく生きる


人間らしく生きるということは、
あたり前なことだけど、
あたり前がどうゆうことなのか考えないと、
見失ってしまうんだなと思いました。



生きものはプロセスが大切であり、
(過程に意味がある)
多様であること。

機械は均一であり、便利。
速くて、思い通りにいって、手抜きができる。

・・・



桂子さんのメッセージは厳しいようで、
優しいな~。


たくさんの親が、
思い通りにならない子育てに、
悩んだり、怒ったり、
窮屈になっているのではないかな・・・

私たちは機械じゃなくて、生きものだから、
比べてもしょうがない。
思い通りにいかないってことは、
思いがけない楽しさもあるということ。
結果を急ぐのではなく、

 プロセスを見ること
 プロセスを楽しむこと

それが生きるってこと。


私はことばの世界を重ねながら、
桂子さんのことばを受け止めていました。



どこまでも大きく、
どこまでも深いメッセージを・・・





前日、卒業式を終えたばかりの長女は、
友との別れを惜しむように、
夜遅くまで仲間と過ごしていました。

眠い目をこすりながら向かったオープントラカレ、
「どうしてトラカレに参加するの?」

私にそんなことばを投げかけてきました。

自分の意思だけで申し込んだものではないことは、
明らかでしたが、私にも揺るぎない思いがありました。

大きくなった娘たちと、
こんな時間を持てることは、
もうないかもしれない。


自分の人生を切り開いていく時、
きっとその世界を、
ことばで見つけ、
ことばで切り開いていくだろう。
そう思えるから、

この出会いと、
この時を大切にしたかったのです。


時間と空間を家族で共有する、
ヒッポという活動の中で、
たくさんのことを見つけてこれたから、
そう思えるのかな。。。



娘は、

『分かち合うことと想像することは、
 人間にしかない能力であり、
 ヒッポは、聞こえてくる音やことば、
 目の前に居る人に、想像を膨らませ、
 ことばや体験を分かち合っているところだから、
 とても人間らしいことをやってるんだとわかりました』

そう話していました。




冒頭に、
『緊張しないよ、ヒッポだから』

さらっと云ったそのことばの向こうに見えるものは、
人間らしくいられる場所への信頼感なんだと思いました。


子どもたちはわかっているんだ・・・
やっぱり凄い。
やっぱりかなわない。








2012-03-22(Thu)
 

吉祥寺のつづきのまたつづき・・・

大学生から面白い話を聞きました。

ヒッポの人なら、
1歳の子であろうと、
10歳の子であろうと、
20歳の大学生であろうと、
30歳のママであろうと、
50歳のおばさんであろうと、
80歳のシニアであろうと、
誰もがスペイン語の自己紹介くらいできます。

それはどれくらいやったらというもんでもなく、
みんなが話しているのだから、
入ったばかりの人だってできます。

環境とはそうゆうもの。

まねっこすればいいのですから、
能力ではありません。
大切ななことは素直であること。

まねっこしているうちに、
何も考えなくてもずるずるっと口から出てしまいます。

“丸ごと全部”まねをする。
だから間違えない。
それだけです。


大学生がスペイン語の勉強をする時に、
どんなに時間をかけて勉強して、
どんなにテストを受けて、
どんなにいい点数をとることができても、
ヒッポのみんなが話している、スペイン語には行きつかない。

みたいな話をしてくれました。

ヒッポをやってる彼は、
メキシコのスペイン語を話してから、
大学生の仲間と初めて行った、
スペインで話されていた、
スペイン訛りのスペイン語を、
楽しそうに話してくれました。

「全然違って面白いでしょ」

笑いながらいとも簡単にことばを手に入れていく。
やっぱりヒッポの方法はスゴイかも~。

でもヒッポが凄いんじゃなくて、
人間とはそうゆうものなのでしょう。






お花屋さんがあった建物を後にすると、
ちょっと先に。。。
IMGP4400_convert_20120315005631.jpg

かっこいいパンフレット。
IMGP4464_convert_20120315005859.jpg

UNICO で買ったガラスの容器。
IMGP4447_convert_20120315010347.jpg

ちょっと大きかったので、
みかんを入れてみました。
IMGP4449_convert_20120315010550.jpg

次のお店は。。。
IMGP4403_convert_20120315010907.jpg

IMGP4402_convert_20120315011026.jpg

youipress で買った、
蚊帳生地でできたマリンブルーのタオル。
IMGP4428_convert_20120315011653.jpg

お店の名前を忘れてしまいました。
最近コップをじゃんじゃん割ってしまったので、
輸入雑貨を扱うお店で、コップを購入。
IMGP4446_convert_20120315012105.jpg

ちょっとした時間だったのに、
素敵なお店で素敵なモノたちと出会えました。
今回買ったモノたち。
IMGP4474_convert_20120315012514.jpg
2012-03-15(Thu)
 

吉祥寺のつづき・・・

初めて多言語で語られているCDを手にした時、

わからなくてもいいんだよ。
とにかく流しておいてね。

それなら“能力に関係ないから簡単”と思い、
アドバイス通り、流しっぱなしにしていました。
私のいい所は素直なところかしら。

でもファミリーと呼ばれる、
人が集まる活動の“場”があるから、
ただ流している“音”では終わらなかったのです。

人と音(ことば)が一緒になって、
自分の中にしみ込んでいくのです。

暗記ではなく、記憶に残っていく・・・

生き生きと働きをもったことばは、
本来そうやって自然にできていくものなのかな。

“語学をやってるの?”と聞かれたら、
“いや?やっていない”が私の正直な答え。

“ことばをやってるの?”と聞かれたら、
これはしっくりとくる。

ことばは教えられるものではないから。
人と育むから、間違えなど存在しないのです。

プロセスがあるだけ。。。

ファミリーに新しい仲間が増えました。
広~いことばの世界を、
自由に想像して、
伸び伸びと泳いで欲しいな。



いつも前置きが長い!失礼~。
さてさて吉祥寺散策のつづきです。


ギャラリーfeve のお隣は小さい公園です。
ブランコもすべり台もない、
芝生とオリーブの木があるだけの公園です。

吉祥寺にはこんな場所がたくさんあります。
素敵ですね。。。

オリーブの木が何本あるんだろう・・・
IMGP4385_convert_20120311003919.jpg


オリーブの木の間から洩れてる明りは、
TONE という洋服屋さん。
スペースがゆったりしていて、
素敵なお店です。
こんな洋服を扱っています。
IMGP4463_convert_20120311005507.jpg


homspun のTシャツが売っていたので購入。
私が選んだモノは紺色の七分そで。

IMGP4427_convert_20120311004534.jpg

このバックに入れてくれました。
IMGP4437_convert_20120311004714.jpg

階段を下りた店舗はパン屋さん。
IMGP4367_convert_20120311010412.jpg

あ~残念。
この日はもう売り切れでした。
本当に美味しいパン屋さんです。
IMGP4366_convert_20120311010533.jpg


お店の脇には素敵な自転車が・・・
IMGP4380_convert_20120311004915.jpg


そしてこの裏口もなんだか気になる。
お花屋さんかな・・・
IMGP4378_convert_20120311005133.jpg

ああぁやっぱり素敵なお花屋さんでした。
IMGP4386_convert_20120311005929.jpg

IMGP4388_convert_20120311010136.jpg

IMGP4398_convert_20120311012926.jpg


古いミシンが作業台になっていました。
IMGP4389_convert_20120311010719.jpg


その上には木工屋さん。
IMGP4390_convert_20120311011641.jpg


アプローチがまた素敵。
IMGP4392_convert_20120311011506.jpg


お店の入口。
IMGP4391_convert_20120311012017.jpg


注文家具のお店でした。
いろんな木材の切れっぱしも売っていました。
板に焼き色が付いたモノを買いました。
これにパンでものせたら美味しく見えるかも。
IMGP4436_convert_20120311012544.jpg


お隣は木工細工のお店。
娘も木材の切れっぱしを買っていました。
何を作るのでしょう・・・
IMGP4393_convert_20120311012754.jpg


お花屋さんのお隣も気になる。。。
IMGP4399_convert_20120311013446.jpg


時間もないので、
また今度にしようかと思いましたが、
気になるんだからやっぱり中へ。
IMGP4396_convert_20120311013718.jpg


選りすぐりの生活小物が売っている,
CINQ で糸を買いました。
IMGP4443_convert_20120311013929.jpg


たった1時間しかない短い時間と思いましたが、
私のお買い物はまだまだつづきます。。。


吉祥寺はやっぱり楽しい。



2012-03-11(Sun)
 

6年後の自分へ

今家の中ではマレーシア語が流れています。
まだまだぼんやりとその音の中を漂ってる感じですが、
耳に引っかかる音が少しづつ増えていくのが楽しいです。

ことばに親しみを感じる・・・
そこからことばの世界が始まっていくのです。

もうすぐ10歳の女の子がマレーシア・ホームステイに出発です。
どんな人に出会い、何を見て、何を感じてくるのかな・・・
彼女の体験を丸ごと受け止められる、
やわらかい私でありたいな。

そのために、人と出会い続けよう。。。




今日一通の葉書が届きました。

6年前、小学校1年生の次女が
6年後の自分に宛てた葉書です。
そこにはこんなことが書かれていました。


“めい、かんこくにいきましたか?
 どんなことをしましたか?”



一昨年10歳になった彼女は、
韓国にホームステイに行きました。


長女も6年生のこの季節に、
自分に宛てた自分からの葉書きが届きました。
そこに書かれていたことは、


“アメリカにホームステイしたいです。”



しっかりした字で書かれていました。
その夏、彼女は本当にアメリカに旅立って行きました。



まだその国が地球のどこにあるのかも、
わからない時に描いた夢です。


その葉書の存在も、
書いたことも、
忘れてしまっていたのに、

夢を実現させるその時に届くなんて、
驚かせるにもほどがあります。


確実にその夢を掴み、
実現させている子どもたちに、
感動させられっぱなしです。


自分に宛てた葉書。
自分で書いたことば。


でも一番驚いているのは、
それを書いた子どもたちです。


ことばにすることは、
夢を掴む一番の近道なのかな・・・

それとも、夢を持った人たちに囲まれているのだから、
あたり前のことなのかな・・・


きっとどちらも大切な要素ですね。



今日届いた、次女の書いた葉書。
IMGP4478_convert_20120308231323.jpg


長女の書いた葉書。
IMGP4481_convert_20120308231523.jpg



未来の自分に宛てた葉書を、企画してくれたのは、
我が子が通う小学校のお父さんたちです。
あの頃は、ボランティアで子どもたちのために、
いろんなことを企画してくれていました。

今はその活動はなくなってしまいましたが、
素敵なお父さんたちでした。

“ありがとう”と伝えたいです。

卒業を前に、みんなの手元に届いた葉書。
きっとビックリしているだろうな。






2012-03-08(Thu)
 

ギャラリー feve に行きました。

今月号の 暮らしのおへそ をご覧になりましたか?
江面旨美さん(EZNRA YOSHIMI)が紹介されていました。

素敵な方だな~ 彼女の作るバッグを、
この目で見てみたいな~ なんて思っていました。


そしたら偶然に個展が開かれることを知りました。
しかも吉祥寺!
近いぃぃ~~~!!!!!!

予定が詰まりまくっているけど、
行けるかな・・・?


行きたい。
行きたい。
行きたい。


これは私のメモ書きです。
IMGP4475_convert_20120304122148.jpg

ずっと手帳に挟んでいました。

でも開催日は近づき、
開催日に突入し、
あと数日・・・。

ん?

自分でメモっておきながら、
今頃ですが・・・このギャラリーは“ feve ”
やっぱり何が何でも行きたいぃぃ!

行ける可能性は3日の最終日のみ。
この日はさらにいろいろ詰まっておりましたが、
開催時間の終り1時間前に、
会場に滑り込み~。


願えば叶う!


嬉しかったです。

ギャラリー feve はこの建物の2F。
IMGP4371_convert_20120304123657.jpg


このバックたちが中に・・・わくわく。
IMGP4370_convert_20120304123909.jpg

DMカード。
IMGP4455_convert_20120304124127.jpg

入り口に、江面旨美 展 UMAMIBAGS
IMGP4364_convert_20120304124355.jpg


ほぼ年に一回しか発表されないバックたち。

形も色もシンプルなのに、
こんなに力のあるバックに出会ったのは、
初めてです。


なんとも云えない気持ちでした。


そして、ご本人も会場にいらっしゃいました。
たたずまいが素敵でした。
ご挨拶をしたら、笑顔が帰ってきました。
でも、話しかける勇気はありませんでした。



後悔。。。




50点もの作品はすべて完売でした。
私もいつか UMAMI BAGS が持てるような女性になりたいな。





この日は娘の合格をお祝いするために、
偶然にも吉祥寺のレストランを予約していました。

いろんな偶然が引き寄せてくれた、
出会いでした。


レストランの予約時間まであと1時間。
吉祥寺散策は少ない時間でも楽しい~。


次回はいろいろなショップをご紹介します。
そして私がゲットしたモノは・・・お楽しみに。







2012-03-04(Sun)
 

そろそろ模様替え

今日の東京は雪でした。
よく降りました。


家の中では何語が流れていたかな。
中国語・ロシア語・韓国語・・・。

何語でも流れていればいいのです。
意識している瞬間とそうでない時間を、
行ったり来たり。。。
ことばが自分の体に、
少しづつ沁み込んでいくのです。


夫が
「何語のどんな場面なのか全然わからないけど、
 インドの人の話しだけ必ず聞こえてくるんだよ。
 でもそこしか聞こえてこない・・・不思議だな」

子どもたちはどこのどんな場面か知っています。
笑いながらその話を受け止めています。




今はみんな寝てしまって、
静かな時間が流れています。
静かな夜もいいかな。




我が家の小学生たちは、8時には寝てしまいます。
そのリズムは崩れることがありません。
私が「寝なさい」と言うこともほとんどありません。

子どもの体の中には時計があるのかもしれません。

テレビを見ることもなければ、
ゲームを持ってるわけでもないので、

自然な体のリズムを感じているのかな。
すごいな~。

子どもたちが寝てしまうと、
夜中までテレビにコントロールされている私とは大違いです。




ヒッポに出会った頃の私は、1歳の娘を連れて、
朝8時になるともう外で遊んでいるような生活でした。

お昼に帰って来て、ご飯を食べるとお昼寝。
お昼寝から起きると、日が暮れるまでまた外へ。

遊ぶことに忙しくて、
TV“お母さんと一緒”を見る暇もありませんでした。

子どもを育てるのに必要なことは、
土と太陽かな・・・
なんとなくそんなふうに思ってました。

そんな毎日が楽しかった時に出会ったので、
ファミリーと呼ばれる、日常の活動が6時半~なんて
聞いて、びっくりしたなんてもんじゃありません。



でもその時考えたことは、

1週間にいっぺん、
この子の寝る時間が遅くなったって、
人生狂うわけでもないかな・・・

そんなふうに考えたら気楽でした。



14年が経って、
その結果は人生狂うどころか、
人生の切り開き方が凄いことになっています。

私はそんな広い世界を、
想像すら出来ていなかったのに・・・

夜6時半から8時半。
この時間が家族にとって、
広い世界につながっている扉でした。



ここまですべて前置きです。笑



さてそろそろ中学生になる次女。
彼女のスペースをつくってあげようかな。

中学生になると、
もう何時に寝ようが、
起きようが何も云いません。
自分の責任ですから。

8時に寝てしまう妹がまだいるので、
ちょっと工夫をして、
区切られたスペースをつくる予定です。



考える時間が楽しいです。
これは今の配置図。

IMGP4206_convert_20120301004622.jpg


こっちは少し前のもの。

IMGP4199_convert_20120301004851.jpg


思いついた時に描いています。

IMGP4202_convert_20120301005501.jpg


.
2012-03-01(Thu)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR