子どもたちの力

今年最後のヒッポの活動がありました。
食べ物や飲み物を持ち寄って、
いつもとはちょっと違うお楽しみファミリーです。

ファミリーとは。。。

老若男女が集ってまさに“大家族”のような集まりです。
年齢や性別を越えてコミュニケーションを取ると云っても、
世代が違うだけで、どちらかに合わせて会話が進むもの。
でもヒッポのファミリーと呼ばれる場は、
だいぶ違います。

3歳、4歳の子と話していても、
50代、60代の人と話していても、
おばさんやお姉さんやお母さんと云った立場ではなく、
私はみんなから愛情を込めて“じんこ”と呼ばれるように、
なんか人と人が平らで、
その人にはその人の“すごい”があって、
お互いに尊敬し合っているのです。

ちょっと説明するのは難しいのですが、
子ども時代にそんなふうに、人と接する経験ができているだけでも財産です。
お金は残せそうにありませんが、
人との出会いと、体験だけはたっぷり残せそうです。
それだけあれば、豊かに、そして自由に、人生を歩んで行けるだろうな。

なんの心配もありません。



食べ物や飲み物を持ち寄って・・・とありましたが、
受け入れをした時や、お茶会を開く時に
“1品持ち寄り”というスタイルをよくやります。
ご飯が重なることや、ケーキが重なることもありますが、
それもお楽しみです。


私は小さい頃、好き嫌いが多く、
母が作ったもの以外は食べない、めんどくさい子どもでした。
嫌いなモノを食べさせようなんて、
努力や工夫もしない母だったので、
私はそのことをたいして気にもしていませんでしたが、
おばあちゃんや親せきの家に行くと厄介でした。

何も口にしないのです。

女姉妹が多く明るい陽気な母でしたので、
久しぶりに実家に帰った時くらいは、
楽しく過ごしたかっただろうに、
私ったら、黙ったまま誰とも話さず、遊ばず、口にせず、
時々母の袖を引っ張っては、
小さな声で「お家に帰ろ」と云っていたのです。


陰気な子でした。笑


今はそんな話をしても誰も信じてくれませんが、
あの時は息苦しくて、本当に人と居ることが苦痛でした。
7歳の七五三では初めての着物を着せられ、
話さない、食べない、笑わない、の他に座らないも加わって、
一日で円形脱毛症。


どれもこれも苦い思い出と思っていたけど、
その時の“私”も今は愛おしいです。


そんな子ども時代の“私”と比べたら、
泣いたり笑ったり、毎日が楽しそうな子どもたち。

生まれた時から持ち寄りに慣れているせいか、
誰が作ったどんなモノでも、とりあえず食べる。
食べる・食べる・食べる・なんでも食べる。
食べてみたらなんでも美味しい~。
どこに居ても生きるたくましさを感じます。

あの時の私が見たら、みんな異星人にしか見えないな。。。



そんな小学生たちが、この日素晴らしいモノを見せてくれました。
構想から台本作成にかけた時間およそ30分!
練習なしの本番あり。
劇『赤ずきんちゃん』です。

1週間前に聞いた時は、普段会わないこのメンバーで、
しかも性格も個性も年齢もみんな違うのに、
練習なしでは無理でしょ~なんて心の中で思いました。

大人の想像力なんてそんなものです。
がしかし、恐るべし小学生たち。

時間前には集まって、影でリハーサル開始。

ナレーションと完ぺ持ちが一体となって、
繰り広げられた赤ずきんちゃんは、
それはそれはみごとな劇でした。

帰宅してから6年生の次女に、
「どうやったらあんなふうに出来たの?」
と聞いたら、
「それがさぁ~リハーサルの時は、ふざけたり恥ずかしがったりして
 ひどかったのに、みんな本番が凄かった」

小道具や完ぺ持ち、演技したみんなを褒め合って、
“あなたが凄かった~いえいえあなたの方こそ凄かった~”
みたいに、満足感いっぱいのようでした。
信頼する仲間の存在、
あたたかく見守ってくれる人たち、
そんな中で、一歩前に出る楽しさをまた一つ味わいました。




我が家は昨日から、韓国の青少年受け入れがスタートしました。
わずか10歳の子が初めてのホームステイです。

賑やかな我が家がさらに・・・どうなることかな~お楽しみに。











スポンサーサイト
2011-12-27(Tue)
 

BUIの靴

私の好きなことは、
模様替とフリーマーケットに行くこと。

どちらも特別ことではなく、
私にとっての日常です。

掃除機をかけるように“模様替え”をし、
顔を洗うように“フリマに行く”のです。


洋服、アクセサリー、靴に雑貨、
どんなモノに出会うかわからない面白さもありますが、
欲しいモノはなんでも揃うところが、実に気持ちがいい。

必要なモノ以外は買いません。

ブランド物にはまったく興味がないけれど、
いいモノはやっぱりいい!
身に付けてみるとよくわかります。

カシミヤのセーターを300円で見つけたり、
カッコイイベルトを500円でゲットできたり、
デザインの変わったジャケットに出会えたり、

ちょっとした時間に足を運んだだけなのに、
自分らしいモノに出会える面白さ。
それがたまらないのです。。。

本当にフリーマーケットは素晴らしいです。



最近ゲットした靴。
フランスのBARBARA BUIの靴。
足を入れた瞬間、信じられない履き心地でした。
革だしこれ高いだろうな~と思ったけど、
なんと300円でゲット。

IMGP5219_convert_20111220170903.jpg

なななんと底も減っていない。

IMGP5220_convert_20111220171101.jpg



これは何年か前に買った靴。
MOGANのモノですが、これも革。
ショップで買ったらどれくらいするのかな?
ものすごく高いだろうな~。
確か500円で買いました。
とにかく履くとカッコイイです。

IMGP5284_convert_20111220171705.jpg

靴底なんてハートですよ。

IMGP5285_convert_20111220171914.jpg



まだまだ紹介したいモノはたくさ~んあります。
お金も時間もない主婦ですが、
自分らしいモノを見つけることが好きです。





2011-12-20(Tue)
 

やったにもかかわらず模様替え

今週は体調がいまひとつ。
最低限の予定をこなして、
なるべく家の中で体を休めています。
こんな時もありますね。

実は私、病院があまり好きではありません。
大嫌いというのとは少し違う感覚です。

なるべく自分や子どもたちの体に耳を澄まして、
自然に治そうとする力を大切にしたいなって思っています。

娘たちは、
小さい頃、ひどいアトピー性皮膚炎だったり、
予防注射を受けに行ったら
「この子、喘息ですよ」と医師に云われたり、
アレルギー性の鼻炎で鼻ずまりがひどかったり、
人並みにいろいろあります。

成長と共に治癒していくものもあり、
病名を付けられるとだいたいそれ以降病院には行きません。


私のバロメーターは“食”なのです。


食事の食べ方で、熱はあるけど大丈夫と思えたり、
熱性けいれんを起こした時も、
意識がしっかりしているからまず体を冷まそうと思ったり。
お腹空いた?
何か食べる?
このやり取りの中で、いろんなことを判断して行きます。

そうそう、夏にクーラーを使わないことで気づいたことも。
基礎体力があるので、少々の暑さでは体は参りません。
もちろん気候というのは段々に変化していくものですから、
体はしっかりそれに慣れていくのです。
窓を開けながら、少しの“風”でも感じられる体になって行きます。
暑さは体に刻まれて行くので、
「昨日よりは」とか、
「去年よりは」みたいに、
体と対話している感覚です。

人間も自然の一部なので、
いろんなことに逆らわず、受け入れながら、
ちょっと知恵を使う生き方が大切なのかな。


と、ここまで書きながら、
小さい頃に病院に行った記憶がほとんどないので、
やっぱり育った環境なのかな~。笑
昭和の母は忙しくて、それどころじゃなかったのでしょう。




さてそんなこんなで家の中にいたら、
模様替えする気ではなかったのに,

模様替え。

掃除機かけるついでに、つい動かしてしまったりするんです。
その割にはずいぶんイメージが変わりました。


IMGP5238_convert_20111215114543.jpg

高床の上に、箪笥を2つに分けて置いてみました。
夜になるとこんな明りに。

IMGP5264_convert_20111215114807.jpg




ソファーは短い期間に、90度、180度と方向を変えながら、
この様に収まりました。

IMGP5254_convert_20111215115027.jpg




玄関を入るとこんな感じに見えます。
帰宅する度に家族はどんなことを思っているのでしょう・・・。

IMGP5272_convert_20111215115342.jpg




いただいた欄間も方向を変えて。
排気口の目隠しになっています。

IMGP5246_convert_20111215120220.jpg




壁には羊がいます。
原毛で作ってあります。

IMGP5274_convert_20111215115612.jpg



いつまでこの配置がつづくかな・・・





2011-12-15(Thu)
 

トイレの中で・・・

日曜日だっていうのに、朝から演歌が聞きたくなりました。
ちあきなおみ全曲集がありました。

やっぱりいいな。


ゴールデンタイムにテレビを見ることがあまりないので、
そうなると歌番組も見ることがないので、
どんな人がどんな歌を歌っているのか、最近の事はよくわかりません。

昔、母たちが「今の歌はよくわからない」って云ってましたが、
同じような歳に同じような事を云ってる私。

思わず口ずさんでる歌は、
なぜか母が口ずさんでいた歌ばかり・・・

美空ひばり
八代亜紀
島倉千代子

無意識にこういう歌を歌ってるなんて・・・


なぜだろう。


娘たちは大きくなったら、私がいつも熱唱している
和田アキコを歌ってしまうんだろうか・・・





最近立て続けに、友人とトイレの話しになりました。
みんな子どもたちが年ごろになり、
忙しいから話してる時間もない。

「聞いてなかったよ~」や
「知らない」を

云わせないために“大事な事はトイレに掲示”している。
と云うのです。

へぇ~~~と妙に感心してしまいました。



実はそのお宅にお邪魔したことがあるのですが、
何かがごちゃごちゃ貼り付けているというのではなく、

こんな会があるよ
この記事面白いよ

といった共有したいことがそこにはあるだけでした。



想像したより感心してしまいました。



かといって実行するでもなく日々過ごしていましたが、
何を思いついたか、トイレに本を置くようになりました。

きっかけは娘の読み終えた本でした。


ある日テーブルの上に本が一冊。

ん?

ちょっと開いて読んでみると、心に染みてくることばばかり。


これはきっと夫が“これ面白いよ”というメッセージで置いて行ったんだな。
そんなふうに思って、その日は一日その本を持ち歩き、
ちょっとした時間に読んでいました。


帰宅した夫に「これあなたの本?」と聞いたら、
「違うよ」という返事でした。

じゃ~誰の本!?と思ったら
「それ私の本だよ」と長女がひと言。

幕末大好きないかにも長女らしい本だったのですが、
こんな本を見つけてくるんだ~~と思ったら、

“この子すごい”

とさらにその本を面白く読んだのです。



その時思いついたのがなぜか、トイレ!!
あの拾ったハシゴがついに活躍できる場所が~と思いつき、
こんな感じに展示されることに。。。

IMGP5190_convert_20111211090255.jpg



この日以来、トイレに行きたくて仕方がないのです。
そして開く度に、
あの子はこの本を読んで何を思ったのかな・・・とか思いを馳せる、
別な楽しみが増えたのです。


トイレの中かよっ!って感じではありますが、
友人たちは“思い”を分かち合うという、
あくまでも“形”がトイレにあっただけなのであって、
それ以上のつながりが家族の中にあるんだな~とわかったのです。







2011-12-11(Sun)
 

模様替えと云うほどではないけれど・・・

スウェーデン語、トルコ語、スワヒリ語・・・みんなリズムが違って面白い。
あ~楽しいと思って耳を傾けていると、聞こえてくる聞こえてくる、
信じられない数の空耳が。。。
吹き出したり、思わず声に出したり、笑いが絶えない。
ひとつのことばをやっていたら、こんな楽しみはないかも。


音があって、楽しくって、誰かと共有したくって、
声に出したら誰かと共鳴できちゃって、
そしたら嬉しくなっちゃって・・・いつの間にか自分のことばになっている。


そもそもことばの出発点が違うのかも。


昨日小学校で授業を頼まれていたので、
ヒッポのメンバーやお手伝いに来てくれた、
保護者のお母さんたちと“楽しく多言語”な授業をやってきました。


英語の授業ですよって云ったら、
緊張してしまうお母さんたちもいると思いますが、
ここまで様々な言語があると・・・人間、



“笑ってしまうのです”



これは私の発見です。
笑うと音はすぐ入って来るので、いい感じのスタートでした。


私が話す時間をいただいたのは、
10分ほどの短い時間でした。

まずいろんな国の挨拶をマネしてもらいました。
元気な4年生でしたので、これはバッチリ。

次にマレーシアから来ているゲストもいたので、
マレーシア語でお話をしました。

「どんなこと云ってるのか考えてみてね」
そう伝えて、ジェスチャーや絵や写真を見せながら
話しました。

「どんなこと云ってた?」
そう聞いたら、出る出るいろんなことが。
元気よく手が上がりました。

みんな当たってました。

「マレーシア語知ってるの?」
みんなに聞いたら、初めて聞くことば。

思わず「みんな凄いね~」と云ってました。



これこれ!
この“ わかる”という感覚を手に入れることが一番大切なことで、
勉強をすればするほど、
ここから遠ざかってしまうのが、教えることの難しさ。


だから教えることはしません。


マネすること、想像することは、
表面的な言語という意識の前に、

“人”

に出会っていきます。
子どもたちが、人にもことばにも線を引かずに開かれていったら、
どんな世界が待っているのかな。。。


出会った子みんなが、愛おしくなる授業でした。



こんな授業をボランティアでやっていますが、
今週は近所の学校でも頼まれています。
楽しみです。



前置きが長くなりました。


模様替えをした2日後くらいに、やっぱり向きを変えてみようと、
部屋の仕切りにしていた、低い引き出し棚を壁に付けてみました。
ソファーも向きを変えました。



少しの間この空間でいてみようかな。



IMGP5062_convert_20111209113510.jpg


IMGP5059_convert_20111209113640.jpg







2011-12-09(Fri)
 

好きなモノ

今日の始まりはベトナム語。
昨日会った友人に「どこかにホームステイに行こうよ~」と突然云ったにもかかわらず、
「私ベトナム!」と返事が返って来ました。
「え~イタリアに行こうよ~」と云う私。

彼女は今チェコの方を長期で受け入れ中とのこと。
「チェコ語がね~全然入ってこないんだよね~♪」
とこれまた楽しそう。

なんてことのない会話ですが、
普通の主婦なのに、世界が身近な感じで面白い。

ん?

そもそも世界って何だろう・・・


もしかしたら、世界なんてものは自分が決めているのかな?
知識とか経験とかわかったような自分が世界を狭くしているのかもしれない。


“世の中に名を残すためにはどうしたらいいんだろう”


普通の主婦なのに、そんなことを家族に相談している私。笑


そんな私をバカにもせず、
「そうだな~」
と普通に答えてる家族。



一晩経って・・・なんて家族だろうと思ったりしてます。




最近ゲットした器です。
フリーマーケットで見つけました。
セットで300円。
湯飲みばかりあってもな~と思ったのですが、
小ぶりだったので、デザートやアイスを入れてもいいかなと思いました。
九州の窯で焼いたものらしいけど、何焼きかな?

IMGP5029_convert_20111208112014.jpg

IMGP5038_convert_20111208112147.jpg



好きな器はいろいろあります。
これは母からもらったもの。
大きな器です。

IMGP5128_convert_20111208112450.jpg


好きな器は欠けていても使います。

IMGP5135_convert_20111208112810.jpg








2011-12-08(Thu)
 

たくさんの出会いの中で

今スペイン語が流れています。
今年の年始はメキシコで過ごしていました。
もちろんホームステイです。
次女と三女と私の3人で行きました。
メキシコの家族はパパもママも穏やかな優しい人でした。
 
スペイン語で コラソン アビエルト=心を開いて

ということばがありますが、
人と人をつなぐ魔法のようなことばであり、
大好きなことばです。



模様替えをしたばかりなのに、
なんとなく動かしたくなりちょっと模様替え。
でもこれは次回に。。。



高校説明会と個別相談会に行きました。
今の受験がどうなっているのか、
よくわからないままここまで来てしまい、
慌てて回っているような状態です。

でも今日は楽しかったです。

個別相談する時には必ず、
留学を希望していることを伝えます。

第一志望の学校でその話をした時に、
ヒッポファミリークラブについて聞かれました。

多言語をやっているので、英語だけではなく
韓国語やスペイン語、ロシア語、中国語など、
いろいろな国のことばでコミュニケーションがとれるので・・・
と話したら、対応して下さった先生が、
「そんな中学生いませんよ!その環境は凄いです」
と本当に驚いている様子でした。

娘にとっては、あまりにも自然で、あたり前過ぎて、
凄いとか特別なんて、たぶん考えずに大きくなってきたので、
その反応が新鮮な様子でした。

勉強ではないこと、受け入れを通してたくさんの国の人に
出会ってることなど話しましたが、
先生の方がヒッポに興味が湧いてしまったようで、
ホームページを紹介してきました。
英語科の先生でしたが、そのスタンスの柔らかさが素敵でした。

第二志望の学校では、
“英語だけではなく近隣諸国のことばを大切にしています”
という校長先生の話があり、あまりにもヒッポみたいでビックリしました。

韓国語、中国語、ロシア語、タイ語、ベトナム語のコースがあり、
全部ヒッポにあることばっていうのも嬉しかったです。

日本は単言語の国ですから、
多言語というだけで?ピンとこない人が多いのに、
こんな高校があることにちょっと感動です。

  

“隣の国を越えて世界はないよ”



これはヒッポに出会ったときの心に残ったことば。

英語は義務教育の中で勉強したけれど、
なんでこんな勉強があるのか、これさえなければ・・・
それくらい悩まされた教科でした。
あの頃は世界中が英語を話してるくらいに思っていました。
だから日本から絶対出ない!とも。。。


私は人の出会いを通して、
外国語があるのではなく、その人にとって大切なことばがあるだけ。
ことばは人によってつくられて来たのだから、
それはその国の文化そのもの。
人を大切に思うということは、
その人のことば=文化を大切に思うこと。
そう思えるようになりました。


娘たちを見ていて、
隣の国よりもっと手前 “隣の人を大切にする”
という心が育っていることを感じます。
ことばって本当に深いものです。



以前中学校の先生に依頼されて、
学校で講演をしたことがあります。

国際理解授業という科目を担当されていた先生が、
外国のゲストを呼んだり、いろんな団体にお願いしたり、
これまで授業をしてきましたが、

隣の友だちに心も開けないのに、
どうやって国際理解なのか?
悩みながら、何か違うという思いを抱えていたことを
話して下さいました。

中学3年生でしたが、
すごく荒れていて、話も聞けないと思います。
心配してそんなことも打ち明けて下さいましたが、
“大丈夫”
そう思える何かがありました。

私の話は40分くらいでしたが、
120人くらいいた生徒全員が、
話すことも動くことも、私から目をそらすことも無く聞いていました。

澄んだ瞳に、子どもたちの無限の可能性を感じました。
あの時の感動は今でも胸に残っています。





これは部屋に飾ってある写真です。
今まで受け入れた国は10カ国以上、
我が家に泊ったゲストは30人は越えてるかな・・・
これはほんの一部。

IMGP4468_convert_20111204005648.jpg


IMGP4664_convert_20111204005816.jpg


IMGP4662_convert_20111204005944.jpg













2011-12-04(Sun)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR